風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  路線の思い出 >  路線の思い出 1~50 >  路線の思い出   第14回  北陸本線・米原駅

路線の思い出   第14回  北陸本線・米原駅

路線の思い出   第14回  北陸本線・米原駅  〔滋賀県〕
 

特急【加越】
米原~金沢 だったっけ?
この訳の判らん特急は今思うとレアなのでは?
ちなみに絵は東尋坊らしい
 
《路線データ》
   営業区間と営業キロ    輸送密度 / 営業係数(’83)    運行本数
 米原~直江津 353.9km    24897 /  147      時刻表を見てください

米原駅(まいばらえき)は、滋賀県米原市(まいばらし)米原(まいはら)にあるJR西日本・JR東海・JR貨物・近江鉄道の駅である。 当駅にはJR東海に所属する東海道新幹線、JR西日本およびJR東海に所属する東海道本線、JR西日本に所属する北陸本線、近江鉄道の本線が乗り入れている。
北陸本線と近江鉄道本線は当駅が起点となっている。 なお、東海道本線と北陸本線は、JR貨物の第二種鉄道事業路線にもなっている。 滋賀県内では、唯一新幹線の駅が設置されている。

JR在来線における当駅の所属線は東海道本線となっている。 東海道新幹線・東海道本線・北陸本線は1987年3月31日までは全て国鉄の路線であったが、同年4月1日に施行された分割民営化によってJR東海とJR西日本に分割され、当駅がJR西日本とJR東海の会社境界駅となった。

分割民営化によって東海道本線は当駅より大垣・名古屋方面がJR東海、草津・京都方面がJR西日本の管轄となった。 当駅はJR西日本とJR東海の共同使用駅であり、在来線構内はJR西日本、新幹線構内はJR東海の管轄となっている。 また、JR西日本の東海道本線の当駅~京都駅と、北陸本線の当駅~長浜駅間は合わせて「琵琶湖線」の別称が設定され、一体化した運転系統となっている。

現在の駅舎は2009年3月21日より使用開始となった橋上駅舎である。 米原市管理の東西自由通路が駅の東西を結び、自由通路から在来線改札口・新幹線改札口を利用できる。 また改札内には新幹線・在来線の乗り換え改札がある。

在来線は島式ホーム3面6線を使用している。 1番のりば・4番のりばにはホームがなく、島式ホームはそれぞれ、2・3番のりば(東海道線下り〔JR西日本仕立て列車〕発着)、5・6番のりば(北陸線)、7・8番のりば(東海道線上り〔JR東海仕立て列車〕発着と一部の北陸線列車)となっている。

北陸線の列車は2~8番のりばのいずれからも発着でき、折り返しが可能となっている。
一方、東海道線の列車は上り下りどちらの場合も、壱度北側の電留・客操線に引き上げないと折り返しができない。 また橋上駅となった後も、これまで通り7・8番のりばホームには階段およびエスカレーターが片方向1か所しかない。 なおエレベーターは全ホームに設置されている。

当駅は駅長が配置された直営駅であり、管理駅として北陸本線の坂田駅~近江塩津駅間の各駅を管理している。 なお、東海道新幹線と近江鉄道の駅ホームは、記事内容に当てはまらないので割愛したい。



北陸本線の撮影としての思い出はほとんどない。 それは、北陸本線を走る列車は全てと言っていいほどに大阪~京都の区間で撮影できたからである。 そして特急に興味をなくしてからは、大阪~京都で撮影する事は皆無となってしまったし。
 

そういえばこの【加越】も
米原でしか撮れないね
 
だから、北陸本線に関しては、路線の思い出というより急行【きたぐに】の自由席の直角イスで首を頚椎捻挫しかけた事とか、同じく歳をとってのダメダメ化から禁断の果実『グリーン車』や『寝台』に手をつけてしまった事などの『列車』に係る出来事の方が印象深いのである。
 
でも、お題目としては『路線の思い出』であって『乗車の思い出』ではないので、過去の記憶を手繰るとあったよ・・。 名古屋からの特急【しらさぎ】を撮りに、米原駅に出張った事が・・。
 

特急【しらさぎ】
完璧な形式写真ですな
こういうの撮らせたら今より絶対に上手いよな

そして着いてからは、特急【しらさぎ】よりも当時でも珍しかった電車急行の【くずりゅう】やキハ20の焼きタラコに熱中してしまった事が・・である。
 

今思えば、特急よりカックイイ
急行【くずりゅう】
後ろの旧客も撮っておくべきだったね
 
それと、これを撮った30年前と、今の米原駅の発着案内標がほとんど変わりない事も、米原駅を取り上げた理由の一つだ。 未だに特急・急行・普通の発着番線が表示される古めかしい案内表示板は、もう全国でも欠片しか残っていない(確か、北海道の【はまなす】のみだったよね・・)『急行』の文字と共に、鉄道遺産として残しておきたい米原駅の名物だと思う。
 

今や大阪から新快速も入る
北陸本線の末端区間であるが
昔はローカルは気動車だった
今思えば、特急より断然カックイイ
 
 
   ※ 詳細は、メインサイトより『魅惑の鉄道写真集』の『北陸本線』を御覧下さい。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



No title * by tom
こんばんは
5年前にナイスをしていました。HMはいいですが、シールドビームは頂けません。

この区間、DCやら客レやら楽しかったみたいですね(多分鈍行には乗ってないです)。客レの牽引はEF81かしら??もしかしてDE10?

No title * by 風来梨
tomさん、こんばんは。

もう、「路線の思い出」を始めて5年にもなるんですね。 歳食う訳だ(笑)

この頃の米原駅は、真に鉄道が輝いていた時代ですね。 でも、この頃は確か小坊高学年だったので、鉄道の未来が今のようになっている・・なんて見抜けませんでした。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

こんばんは
5年前にナイスをしていました。HMはいいですが、シールドビームは頂けません。

この区間、DCやら客レやら楽しかったみたいですね(多分鈍行には乗ってないです)。客レの牽引はEF81かしら??もしかしてDE10?
2018-03-19 * tom [ 編集 ]

No title

tomさん、こんばんは。

もう、「路線の思い出」を始めて5年にもなるんですね。 歳食う訳だ(笑)

この頃の米原駅は、真に鉄道が輝いていた時代ですね。 でも、この頃は確か小坊高学年だったので、鉄道の未来が今のようになっている・・なんて見抜けませんでした。
2018-03-20 * 風来梨 [ 編集 ]