風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  滝を訪ねて・中部北陸 >  日本の滝を訪ねて 第69回  称名滝・ハンノキ滝

日本の滝を訪ねて 第69回  称名滝・ハンノキ滝

日本の滝を訪ねて  第69回  称名滝・ハンノキ滝  〔富山県〕
 

ハンノキ滝に落水がないと
ちょっと残念な眺めである
 
   称名滝  しょうみょうだき 落差 4段350m  
   ハンノキ滝  はんのきたき   落差 500m(497m)の不定期滝  いずれも 富山県・立山町
 
  アプローチ
県道6号線 称名滝バス停すぐ
滝前に駐車場はない(県道終点には駐車場あり・・駐車場より滝まで1.3km)
シーズン中はマイカーの混雑を防ぐ為、マイカーの進入禁止処置が取られる事もある
立山駅からは、称名滝行のシャトルバスが運行されている

我が国最大の落差を誇る4段の大瀑布である。 大日三山の雪解け水を集め、春や梅雨時などは落水の轟音を山峡に轟かせている。 降雨時や豊水時は、隣にハンノキ滝とソーメン滝が現れて、落差ビック3の揃い踏みの情景が見られる。
 

ハンノキ滝
これしか写真無かったの
スンマセン
 
だがハンノキ滝やソーメン滝は、山の稜線に降雨があった時や雪解け水が流れ出す春先などに限定的に現れる滝で、常時存在しない為に落差は500m(497mとも云われる)を誇るハンノキ滝は『落差日本一』とは認められていない・・との事である。
 
称名滝は確かに凄い瀑布なのだが、その安易さがあってか、今イチ『日本一』の情感は湧いてこない。
まぁ、紅葉や3つの滝が揃い踏みする“もっといい時期”に訪れてみたなら、真の『日本一』の迫力に魅せられるのであろうが。

   ※ 詳しくはメインサイトより『称名滝』をどうぞ。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



No title * by kei
こんにちは。雪解け期↓に訪れたら、称名滝とハンノキ滝がV字を描いて落下、ものすごい水量でした。

No title * by 風来梨
keiさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。

『雪の大谷』を創造する立山の水を集めて一気に落とす滝ですから、雪解け時はすざましい水量ですね。 私の訪れた時はハンノキ滝はほぼ「お休み中」でしたので、V字を目にされたのは羨ましい限りです。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

こんにちは。雪解け期↓に訪れたら、称名滝とハンノキ滝がV字を描いて落下、ものすごい水量でした。
2013-02-01 * kei [ 編集 ]

No title

keiさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。

『雪の大谷』を創造する立山の水を集めて一気に落とす滝ですから、雪解け時はすざましい水量ですね。 私の訪れた時はハンノキ滝はほぼ「お休み中」でしたので、V字を目にされたのは羨ましい限りです。
2013-02-01 * 風来梨 [ 編集 ]