風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  名峰次選 一覧 >  名峰次選・中部山岳 >  名峰次選の山々 第43回  霧ヶ峰

名峰次選の山々 第43回  霧ヶ峰

名峰次選の山々 第43回  『166 霧ヶ峰』  長野県 
独立峰(八ヶ岳中信高原国定公園) 1925m  コース難度 ★  体力度 ★
 
この山を登ったのは中学の修学旅行の時である。 従って、登った事はあるが、裏づけは全くない。
当時は鉄道撮影が主で、山にほぼ興味がなかったのである。 だから、全く覚えていない。
これは、ほぼ未踏峰と同じだろうな・・と思う。
 
そして、名峰次選には挙げたものの、スニーカーでも登れる山に強いて登る気も湧いてこない。
そして、こういう雑踏の山には、山のルールを踏みにじる輩が涌いてくるし・・である。
例えば、ペットを連れてくる輩とかである。 こういう輩は、自分の快楽の為だけに自然環境を破壊し、野生動物を迫害し抹殺する事を『楽しんで』やっているクズ中のクズ! 山の動物を迫害し命を奪う事を楽しむ悪鬼・畜生の類である。 
 
コイツ等のこの破廉恥な行為の為に、どれだけの野生動物コロニーが消滅したか! どれだけの野鳥が死に追いやられたか! どれだけの湿原が乾燥化したか! その損失は計り知れないものがある。
山でよく見られた日本カモシカが絶滅の危機に瀕しているのも、コイツ等がペットを連れ込んでその地の生態系を破壊した事が原因の一つとして証拠付で挙がっているのだ。
 
そんな人間の出来損ないの悪鬼は、金輪際目にしたくない。 だから、こんな雑踏の山には出向く気がしないのだ。 名峰・霧ヶ峰には申し訳ないが、笑いながら野生動物を迫害し、そしてその命を無残にも奪う事を・・、そんな人とも思えぬ下劣な行為を嬉しそうにウェブサイトに載せる人の皮を被った魔物が徘徊している事自体、私は許せないのだ。
 
なお、登山ルートであるが、ビーナスラインの八島湿原より散策路が続いている。
八島湿原を散策し、物見岩で展望を楽しみつつ、緩やかに最高峰の車山へ登りつめていく。
そのなだらかさは、登山というよりトレッキングと言った方が妥当だろう。
 
八島湿原より最高峰の車山までの道中は、時期が合えばニッコウキスゲがオレンジ色に大地を染め上げてくれる事だろう。 頂上の車山からは、八ヶ岳を中心に南北アルプスの山なみが一望できる。
 
下りは、やや急なショートカットコースをたどる。 急と言っても、地元の小学校の遠足コース程度なので、何ら心配はいらない。 時期が合えば一面を染め上げるニッコウキスゲを愛でながら下りていこう。
所要時間で、八島湿原から車山に登って車山登山口まで3時間って所だろう。
 
もし、この山に登る事があるとするなら、犬を始めとするペットの連れ込みが罰則付きで制定されるか、もしくは、こんな人の皮を被った悪鬼がいない時期を見計らって登る事にしようと思う。
私としては、一刻も早く重い罰則付き(地球そのものに対する反逆であるし・・、現に絶滅に瀕している事例もある)の法が制定される事を心待ちにしている。
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



No title * by オータ
こんばんは、もう三十年も前ですが。

中学生の時「移動教室」なる催しで行きました。何百人もの生徒が八嶋湿原をゾロゾロと歩いたわけで… お怒りごもっともです。

No title * by 風来梨
こんばんは。

以前は人による木道の踏み外しなどがありました。
私自身も中学の修学旅行で・・ですので、同じような事をしたかもしれないです。

でも、人は注意されれば改めるし、注意喚起する事もできます。
また、これを契機に自然を後世に伝えるという事の重要さを考えることもするでしょう。

だが、この人の皮を被った鬼畜どもは、「ペットを連れ込むと生態系が乱され、そこを住処とする動物は死に至る」という事を知っていてこの行為を続けるのです。 そしてその言い訳は、「過去に人間が自然を荒らした云々」と責任転嫁の嵐です。 だから、人間の皮を被った下劣きわまる人間の出来損ない=魔物と例えたのです。

ほんとに、今の政府民主党と同じです。 到底、日本人の思考ではありません。 まぁ、犬連れ登山を推奨する団体は、アッチ国の連中だというし。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

こんばんは、もう三十年も前ですが。

中学生の時「移動教室」なる催しで行きました。何百人もの生徒が八嶋湿原をゾロゾロと歩いたわけで… お怒りごもっともです。
2011-12-11 * オータ [ 編集 ]

No title

こんばんは。

以前は人による木道の踏み外しなどがありました。
私自身も中学の修学旅行で・・ですので、同じような事をしたかもしれないです。

でも、人は注意されれば改めるし、注意喚起する事もできます。
また、これを契機に自然を後世に伝えるという事の重要さを考えることもするでしょう。

だが、この人の皮を被った鬼畜どもは、「ペットを連れ込むと生態系が乱され、そこを住処とする動物は死に至る」という事を知っていてこの行為を続けるのです。 そしてその言い訳は、「過去に人間が自然を荒らした云々」と責任転嫁の嵐です。 だから、人間の皮を被った下劣きわまる人間の出来損ない=魔物と例えたのです。

ほんとに、今の政府民主党と同じです。 到底、日本人の思考ではありません。 まぁ、犬連れ登山を推奨する団体は、アッチ国の連中だというし。
2011-12-11 * 風来梨 [ 編集 ]