風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  ネームトレイン >  ネームトレインさ行 >  『ネームトレイン』 第47回  砂丘

『ネームトレイン』 第47回  砂丘

『ネームトレイン』 第47回  砂丘

t47-2 (4)
加茂川の清流と国鉄色の急行【砂丘】

  急行【砂丘】 ・・   1962年9月1日に、本州と四国を結ぶ宇高連絡船に連絡して宇野・岡山~鳥取と、四国・山陽・山陰地方を結ぶ気動車準急として登場した列車である。 登場して4年後の1966年3月5日に国鉄の列車種別の見直しにより急行に格上げされている。 1968年10月1日のダイヤ改正からは、上井(現・倉吉)へと運転区間も延長されている。

t47-sakyu (1)
鳥取砂丘の風紋
列車名の由来は日本三大砂丘で
国の天然記念物である鳥取砂丘である

t47-sakyu (2)
雨が降った翌日は
風紋が魚の鱗のようになる

列車名の由来は言うまでもなく、鳥取県の著名自然景勝で国の天然記念物に指定されている鳥取砂丘から取られている。

t47-expsakyu (3)
急行列車が廃止淘汰される中で
陰陽連絡の主力列車として
5往復運行されていた急行【砂丘】
※『急行 砂丘』より

1972年3月に山陽新幹線が岡山まで開業すると、始発駅が宇野から岡山に変更されて、陰陽連絡列車の中心を担うようになった。

t47-sanin.jpg
自由席制の『白グリーン車』も
連結されていた
花形列車だった急行【砂丘】
※『山陰地方の列車』より

その為、JR経営移管後は各地で急行列車が廃止淘汰されていく中でも増発され、最大5往復でグリーン車(自由席制の白グリーン車)も連結されるなど、コンスタントに高い利用実績を示していた急行列車であった。

t47-expsakyu (2)
自由席制の『白グリーン車』も連結された
陰陽連絡の主力列車だったが
使用車両のキハ58系の
老朽化が問題となり始めた
※『急行 砂丘』より

だが、1990年台も中盤に差し掛かると、1960から70年台製造のキハ58系気動車では車両の老朽化及び車内設備の陳腐化が目立ち始め、対応策としてアコモ(車内内装)改善車が導入されたりしたが、1994年12月3日に智頭急行の智頭線が開業すると、鳥取・倉吉の山陰方面へは新線で線路状況の良い智頭急行を経由しての特急運転となり、智頭急行が経由しない津山市は岡山~津山の区間運行の急行【つやま】と快速列車での対応となった。

t47-sanin2.jpg
新線で高速運転ができる智頭急行が
開業した3年後の1997年11月のダイヤ改正で
智頭急行線経由で特急化されて
【砂丘】のトレインネームは消滅した
※『山陰地方の列車』より

t47-wtuyama (2)
急行【砂丘】廃止後は
津山で運行を打ち切られ
一般形車両のキハ48を使った
急行【つやま】が1往復のみ残ったが
※ ウィキペディア画像を拝借

この事で、1997年11月29日のダイヤ改正で、運行区間が岡山~津山に短縮された上に1往復だけ【つやま】と名を変えて急行運転、残りは快速〔ことぶき〕となって【砂丘】のトレインネームは消滅した。
岡山~鳥取・倉吉は、前述したように智頭急行線経由の特急に格上げされて特急【いなば】となっている。

t47-wtuyama (3)
急行サボまでおざなりだった
遜色急行の【つやま】
※ ウィキペディア画像を拝借

また、区間短縮された急行【つやま】は、急行運転だったものの快速〔ことぶき〕と所要時間に差がない上に、使用車両も一般形気動車のキハ48をそのまま使った遜色急行の最たるものであった。
それは、当初は全て快速〔ことぶき〕格下げであったのが、津山市の商工会のイメージダウンを危惧した猛反対にあって1往復のみ急行運転としたものであったが、2009年3月13日のダイヤ改正による廃止(快速〔ことぶき〕に統合)まで、JRでは最後まで残る昼行の急行列車でもあった。

t47-taburet-2.jpg
通過中に無停車でタブレット通票を
もぎ取る技が人気となっていた
※『タブレットのある風景』より

  タブレット収受
急行【砂丘】で人気のあったのが、通過駅で停車する事なく乗務員が腕に引っ掛けてタブレット通票をもぎ取る作業が有名となったのである。 全国の路線がCTC(列車集中制御)化する中で、急行【砂丘】が通る因美線では1994年3月のタブレット通票方式が全廃となる最後まで同方式の閉塞方法が採られた為、通過駅で急行【砂丘】が無停車でタブレットをもぎ取る技が風物詩となっていた。

t47-taburet.jpg
乗務員が取りやすいように
工夫されていたタブレットキャッチャー
※『タブレットのある風景』より

その技は、他路線でのタブレット閉塞の廃止淘汰が進む程に注目と人気を集め、『鉄』と言われる鉄道マニア向けに、急行【砂丘】の通過タブレット収受の技がDVDで編集されて売り出された事もあった。

t47-wthuyama.jpg
鉄道博物館『津山まなびの鉄道館』となった
旧津山機関区の扇形機関庫
所蔵する車両が
扇形機関庫に収納されている
※ ウィキペディア画像を拝借

t47-2 (3)
『津山まなびの鉄道館』で上映される
タブレット収受のDVDビデオは
美作河井駅での撮影との事である

そして今も、津山にある鉄道博物館『津山まなびの鉄道館』(津山機関区の旧扇形機関庫→津山機関区は現在もJR西日本の岡山支社の機関区として稼働している)では、館内で急行【砂丘】のタブレット収受のビデオが上映されている。

t47-hm (2)

急行【砂丘】の初代ヘッドマーク
※『ヘッドマーク辞典』より

《列車データ》
運行区間と運行距離:岡山~鳥取・倉吉 132.1km(倉吉までは171.9km)
  ※ デビュー時は準急列車で、山陽側の始発着駅は四国連絡を見据えて、宇高連絡線の接続駅
    の宇野であった
  ※ 倉吉までの延長運転当初は倉吉まで急行運転だったが、時期不詳であるがいつの間にか
    鳥取~倉吉は快速又は普通列車に格下げとなっていた

t47-2 (1)
増結されて6連の
堂々たる編成の急行【砂丘】

運行期間:1962年  9月  1日:宇高連絡線との接続を見据えて、宇野~鳥取の準急列車として運転
              開始
     1966年  3月  5日国鉄の制度改正により、準急〔砂丘〕が急行【砂丘】に格上げ
     1968年10月  1日:上井(現・倉吉)まで運転区間延長
       1972年  3月15日:3往復に増発となるが、宇野~岡山は廃止されて岡山始発着となる
       1985年  3月14日:4往復に増発され、うち1往復は岡山~津山をノンストップの設定
              で運行となる
       1989年  3月31日:1往復増発で5往復となる

t47-hm (1)
このアコモ改造などの
リニューアルされた時に
ヘッドマークの絵柄も
上記のモノに変わっていった
※『ヘッドマーク辞典』より

       1992年  9月   :専用カラーへの塗装変更と、アコモ改造が取り行われたリニュー
              アル車両が順次投入される

t47-sakYu.jpg
通過する急行列車が停車する事なく
タブレットをもぎ取る風景は
因美線の風物詩となっていた
※『急行 砂丘』より

     1994年  3月  1日:走行線区の因美線のCTC化により通票(タブレット)閉塞が廃止
              となる
         12月  3日:智頭急行線が開業

t47-1.jpg
廃止が近づく末期に
岡山駅で撮った急行【砂丘】
この後に四国の山に向かったので
撮影時のスタイルは
20㎏のテント一式のザックを担いで
ピッケル片手のいでたちだったよ

       1997年11月29日:智頭急行線を経由する特急【いなば】に切り替えられ、急行
              【砂丘】の運行が廃止されてトレインネーム消滅

              廃止された5往復の全列車が津山で運行打ち切り(当初は智頭までの
              運行で津山~智頭は快速だったが2年後に津山~智頭の運行取りやめ
              となった)となり、うちの1往復が一般車両を使った急行【つやま】
              として運行され、残り4往復は快速〔ことぶき〕となった

t47-wtuyama (1)
一般形気動車を使った遜色急行の
最たるものであった急行【つやま】だが
JRの昼行急行の最後の砦ともなっていた
※ ウィキペディア画像を拝借

       2009年  3月13日:急行【つやま】が快速〔ことぶき〕に格下げ統一されて廃止
              急行【つやま】の廃止で、全JRの定期の昼行急行列車は全廃となる

t47-deta.jpg
ヘッドマークは
初代の方が似合っているね
※『急行砂丘◆データファイル』より

停車駅:岡山・(金川)・福渡・(弓削)・(亀甲)・津山・(東津山)・美作加茂・智頭・
    (用瀬)・郡家・鳥取
  ※ 金川は上り6号のみ通過
  ※ 弓削と亀甲は下り1号上り6号のみ通過
  ※ 東津山は下り3号と上り8号のみ停車
  ※ 用瀬は下り1号と上り8号のみ停車
  ※ 鳥取~倉吉は快速又は普通列車に格下げとなっていた
    鳥取~倉吉の快速の停車駅:(鳥取大学前)・浜村・松崎・倉吉
    なお、鳥取大学前は1995年7月27日に駅開業

t47-expsakyu (1)
JR西日本に経営移管されてからは
急行【砂丘】の専用塗装にアコモ改造された
キハ58系気動車が使用されていた
※『在りし日の急行砂丘』より

使用車両:キハ58系急行用気動車
乗車経験乗車経験ナシ

t47-2 (2)
急行【砂丘】を撮って戦国の城址がある
矢筈山に登ったこの日は奇しくも
本四備讃線の開通式の日で
撮り鉄は全てそちら方面に向かっていて
誰もいなかったよ

撮影経験:美作河井付近で国鉄急行色の急行【砂丘】を撮った経験アリ
     また、廃止間際に岡山で追っかけ撮影の経験もアリ


にほんブログ村 鉄道ブログへ
『働いたら負け』ってホザいてるって事は
『働かなかったら勝ち』って事か?
それで『働いたら負け』ってホザいてる
例のオッサンの生活の姿が
『勝利者の生活』って事か?

でも庭の雑草を「沖縄でも食ってる
から大丈夫」毟って食ったり
1食200円の惨めすぎる食生活を
展開したりするけどコレは
到底勝利者の生活とは思えないわ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
また進学を控える息子に不安を抱かせながら
(親が無職でいきがる事に不安を抱かないなら
進学がムリな位に相当頭が悪いよ)
「息子にはしっかり資産を残してやりたい」と
寝言を抜かしているしィ

それでいて経営者や金持ちそして会社に従順な
労働者に敵意をむき出しにして罵るが
このオッサンが『敗者』と罵る会社に従順な労働者達は
日々の食費に極限たる制限を設けたり
ましてや雑草を食ったりしないわなぁ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
そして家族で旅行などの家族サービスが
できる程には金を持っている
家族のないワテ(3年前に親父が逝って
からはほぼ天涯孤独なワテ)も年に5~6回
大好きなヤマに行ける程に金を持ってる

それに『働いたら負け』で出費を惜しんで
外に出ずに自宅に籠ってパソコン三昧なら
太陽光を浴びない弊害である
ビタミンD不足から起こる骨軟化症で
骨折しやすくなったり骨が変形したりするのである

にほんブログ村 鉄道ブログへ
骨が変形してくる病なんかになると
立ち上がった瞬間に骨が折れたり
骨が変形して固まって歩けなくなったりする
そんな病気に罹るのが『勝ち』なの?

また自然に触れない事で
身体及び精神的ストレスが溜まりまくり
例のオッサンの如く「このようになったのは
全て相手のせい」と逆恨みの権化と化すのである

にほんブログ村 鉄道ブログへ
また電気の光を見続ける事によって
脳が電波に焼かれて(携帯の電波が脳細胞
を破壊するのと同じ理屈)の
脳障害や寝不足が重なって
アルツハイマーに陥る確率が何倍と高くなる

親の糞尿をどうのこうの・・と言ってるが
己自身が脳障害を起こして
要介護となる確率を引き上げてるんだよね
このオッサンは・・

にほんブログ村 鉄道ブログ
正直言って息子がこのオッサンをドツキ回して
更生させるしか手はないだろうよ
少なくとも世間全般に対する
逆恨みを止めさせて真っ当に働く事を
させなければ息子自身にも未来はないと思うよ

PVアクセスランキング にほんブログ村
それかこんなオッサンは見捨てて
母親と共に外に出るか・・だね
ワテなら絶対的に
『後の手法』を選択するけど・・ね





関連記事
スポンサーサイト



No Subject * by hanagon60
急行「砂丘」は高校時代に乗った事があります。
砂丘に乗って砂丘(鳥取のね)を見るために(笑)
今考えると当時からちょこちょこ乗り鉄していましたかねぇ。

Re: No Subject * by  風来梨
気がつかなくてお返事ができていませんでした。
スミマセン。

私の❴砂丘❵は、瀬戸海峡線が開業した当日の1988年4月10日と、廃止間際に岡山に立ち寄った時に偶然いた新カラーの❴砂丘❵を撮ったのみです。

その時は矢筈山と四国の石鎚山と、いずれも山と絡めていましたね。 乗車には縁がありませんでした。

しかし、特急❴はくと❵になってからは乗りましたが、やはり❴白兎❵は山陰本線を京都まで駆け抜けるキハ58急行❴白兎❵ですね。 特急❴はくと❵にはあまり情感が湧きませんでした。 ちなみに急行❴白兎❵は保津峡で撮り鉄と全区間乗車体験があります。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

急行「砂丘」は高校時代に乗った事があります。
砂丘に乗って砂丘(鳥取のね)を見るために(笑)
今考えると当時からちょこちょこ乗り鉄していましたかねぇ。
2023-11-10 * hanagon60 [ 編集 ]

Re: No Subject

気がつかなくてお返事ができていませんでした。
スミマセン。

私の❴砂丘❵は、瀬戸海峡線が開業した当日の1988年4月10日と、廃止間際に岡山に立ち寄った時に偶然いた新カラーの❴砂丘❵を撮ったのみです。

その時は矢筈山と四国の石鎚山と、いずれも山と絡めていましたね。 乗車には縁がありませんでした。

しかし、特急❴はくと❵になってからは乗りましたが、やはり❴白兎❵は山陰本線を京都まで駆け抜けるキハ58急行❴白兎❵ですね。 特急❴はくと❵にはあまり情感が湧きませんでした。 ちなみに急行❴白兎❵は保津峡で撮り鉄と全区間乗車体験があります。
2023-12-29 *  風来梨 [ 編集 ]