風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  名峰次選 一覧 >  名峰次選・中部山岳 >  名峰次選の山々 第26回  赤牛岳

名峰次選の山々 第26回  赤牛岳

名峰次選の山々 第26回  『157 赤牛岳』 富山県
鷲羽山系(中部山岳国立公園) 2864m  コース難度 ★★★  体力度 ★★★★
 

その名の通り
ノッペリとした赤牛岳
 
   行程表            駐車場・トイレ・山小屋情報         
《1日目》 JR信濃大町駅よりバス(0:40)→扇沢(2:00)→大沢小屋 
     (0:30)→針ノ木大雪渓(2:30)→針ノ木峠・針ノ木岳へは往復1時間半
《2日目》 針ノ木峠(1:00)→蓮華岳(4:30)→七倉岳(0:20)→船窪
《3日目》 船窪(4:00)→不動岳(3:00)→烏帽子岳(0:45)→烏帽子小屋
《4日目》 烏帽子小屋(3:20)→野口五郎岳(2:30)→水晶小屋
《5日目》 水晶小屋(0:45)→水晶岳(2:30)→赤牛岳(3:15)→水晶小屋(2:40)→三俣
《6日目》 三俣(2:00)→双六小屋(5:40)→槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳へは往復1時間
《7日目》 槍ヶ岳山荘(4:20)→双六小屋(2:00)→鏡平(4:00)→新穂高温泉よりバス
     (1:40)→JR高山駅
  ※ 『名峰次選 第25回 野口五郎岳』《4日目行程》からの続き
 

北アルプス・裏銀座縦走路 全行程図

  《5日目》 赤牛岳を往復して三俣へ
さて今日は、最もアプローチに時間のかかる名峰・赤牛岳に登ってみよう。 コースタイムは片道3:30とかなりかかるので、小屋の早発は絶対条件となる。 小屋に荷物を預かってもらって、さぁ出発だ。 
小屋泊のほとんどの人は水晶岳の往復組であるので、ゆったりと構えている。 赤牛岳は一般の登山者には少し遠すぎるようで、訪れる人は僅かのようだ。 

小屋より北の方向へ向かっていくと、水晶岳の岩稜が前方に立ちはばかってくる。 
これをよじ登り気味につめていくと、水晶岳 2986メートル の頂上だ。 ワテの通った時は帰りに天気が良くなったので、“頂上レポート”は帰りの時にしたいと思う。 水晶岳までは一般の登山者が数多く行き通いするので、道は踏み固められて安定しているが、水晶岳より先は通行する登山者も激減するゆえに脆弱な滑りやすいザラ場となる。 

傾斜も急で、落石を常に想定して歩かねばならないようだ(頂上で登山者が騒げば騒ぐ程、落石は増える。 困ったものである)。 このガレにガレた急傾斜を150m程下ると、今度は《温泉沢ノ頭》に向けて同じようなガラ場を登り返していく。 《温泉沢ノ頭》は、水晶岳と異なり広い穏やかな丘という感じだ。
この辺りでは幕営も可能であろう。
 

温泉沢の頭より水晶岳を望む
 
最近、この頂より『高天原』の《温泉沢》へのルートが整備されたようで(古い地図では廃道扱い)、北アで標準化された道標から左手に、枕木で固定されたルートが延びている。 赤牛岳へのルートは、右手の崖を斜めに急下降する。 この急下降は浮石の多いガレ帯であるので、足下には気をつけよう。
下りきると、赤牛岳との広い鞍部に出る。 この辺りは、砂礫帯のお花畑となっている。 

この鞍部より、白い岩石の積み重なりをよじ登っていく。 ちょっとしたロックガーデンだ。 
この区間は同じような風景が展開するので、ガスに巻かれた時にルートが判り辛くなるかもしれない。 
岩にあるペンキ印を見落とさずにいこう。
 

水晶岳への豊かな起伏 
 
このロックガーデンを越えると、砂礫帯の土手に続く平坦な道を伝うようになる。 これがまた、結構長い。 途中に『Welcome』と記された岩を跨ぐが、この辺りが赤牛岳まであと1時間位であろう。 やがて、庭園状の広い丘に出る。 ここも同じような眺めが続く所なので、ガスに巻かれた時などは“リングワンダリング”の危険がある。 ここからは、ザラついた赤牛岳の左山腹を斜めに突き上げるように登っていく。 

約30分程登りつめれば右側より尾根上に出て、すぐに赤牛岳 2864メートル の頂上に着く。 
ワテの訪れた時は濃いガスに覆われていて何も見えなかったが、縦走路から離れた山からの展望はきっと素晴らしいものであろう。 なお、この先は北アルプスきっての長大コース『読売新道』が、《黒部湖》の渡し場まで続いている。 延々と続く樹林帯の下降だそうである。 もし、日程に余裕があれば、チャレンジするのもいいだろう。
 

赤牛岳の頂上ケルン
 
さて今回は、主目的が北アルプスの完全縦走にあるので、ここで引き返そう。 “行き”は空身の私で、2:45の時間がかかったのである。 体のデキ上がったワテでこんなにかかったのであるから、一般の方は3:30は見ておいた方がいいいだろう。 

帰りは途中から、幸運にもガスが晴れてきて展望が欲しいままとなったので、展望や花を主体に述べていこう。 ロックガーデンまでは、お花畑が美しい。 既に“実”となったチングルマや、ハクサンイチゲ・タテヤマリンドウ・タカネナデシコなどが咲き競っている。 ロックガーデンの下降は、晴れていたなら爽快だ。
 

              ミヤマリンドウ           ウサギギク 
 
日の光を浴びて真っ白に輝く岩々を水晶岳へ向かってつめていく。 信州側には野口五郎岳や真砂岳、その先には今日まで歩いてきたルート上の山々が稜線上に立ち並んでいる。 特に印象的なのは、特長際立つ姿の烏帽子岳であろう。 例えると、“お菓子のトンガリコーン”がそのまま稜線上に乗っかっているのである。 

ロックガーデンを下りきると、広い鞍部に出て《温泉沢ノ頭》に向かって急下降を登り返す。 
《温泉沢ノ頭》の標高は2904m。 赤牛岳よりも高いのである。 だが、好天ならば、登りの辛さも吹き飛ぶ展望が360°広がる。 登っていく毎に、今までロックガーデンの陰に隠されていた薬師岳がゆったりと真横に展開するのだ。 薬師岳のカール群も全て見渡せる。 薬師岳は、何度望んでも“美しい”山容だ。 空に浮かぶ雲の陰が薬師岳の山体を縞模様に変えて、より目を楽しませてくれる。
 

振り返り見る薬師岳
 
『裏銀座縦走路』の山なみも素晴らしい。 そして、振り返れば、赤牛岳がノッペリとピンク色の山体を魅せている。 赤牛岳の命名は、この位置より望んだ容姿が“赤い牛が寝そべっている”と例えられたからであろう。 また、蒼々とした《黒部湖》も印象的だ。 ここからだと、《黒部ダム》の白い堰堤も望まれる。
 

赤牛岳方向から望む水晶岳は
ひときわ雄々しい

そして、目指す水晶岳は、“かっこいい”のひとことだ。 逆光に黒光りするスラッとした岩峰が、天に向かって突き上げている。 山小屋の方いわく、この位置から望む水晶岳こそが、“極上の眺め”だそうだ。
 

ハクサンイチゲ
 
山の展望だけではない。 花もいい。 ミヤマリンドウ・タカネナデシコ・チングルマの実・ハクサンイチゲ・キンバイソウなどが、そよ風に揺れていて心地よい。 やがて、《温泉沢ノ頭》と水晶岳の鞍部のガラ場を経て、水晶岳の直下にたどり着く。 頂上までは約150m。
 

本当に“大文字”
ミヤマダイモンジソウ
 
これより、浮石の目立つガラ場をジグザグに登っていく。 いくら早出したからといっても、ここに戻ってくる頃には昼前となっていることだろう。 見上げると、岩の積み重なった狭い頂上には登山者がそろぞろとたむろっている。
 

水晶岳から望む
雲ノ平と黒部五郎岳
 
最初にも述べたが、これが厄介だ。 団体の登山者がたむろすればする程に、“カンラカンラ”と落石が落ちてくるのである。 崩壊著しい斜面であるから致し方ないが、山に登る人間としてもうちょっとマナーをわきまえて頂きたいものだ。 これをつめると、水晶岳の頂上だ。 展望は文句なしに360°。
ここからだと、北アの全ての山が見渡せる。
 

水晶岳の頂より
たどって来た道を振り返り
 
なお、水晶岳に関しては、名峰百選の第26回目の『鷲羽岳・水晶岳』で改めて詳しくコース概要を述べようと思う。 水晶岳の頂からの眺めを堪能したなら、往路を水晶小屋まで戻ろう。 また、2日連続で狭苦しい水晶小屋で宿泊するのは寝不足の元となりかねないので、もうひと踏張りして鷲羽を越えて、三俣のテント場までいきたいものだ。 
 
三俣のテント場は、いい水が豊富に流れる広く快適なテント場だ。 もし、テントでなくても、300人は収容できる三俣山荘があるので心配はないだろう。
 
   続き《6日目》以降は、『名峰百選 第26回 水晶岳・鷲羽岳』をご覧下さい。
 
   ※ 詳細はメインサイトより『北アルプス・裏銀座縦走路』を御覧下さい。
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可