風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP >  日記 >  憲法改正ではなく、現憲法の破棄と新憲法樹立が必要

憲法改正ではなく、現憲法の破棄と新憲法樹立が必要

英国でEU離脱の国民投票があった。 これに関してのワテの感想であるが、感心する点が国民投票ができる下地が英国にはあるという事だ。 それは、日本でも速やかに国民投票に持ち込みたい案件がある。
それは、チョンとの国交断絶の懸案だ。 これをすれば、恐らくチョンとの国交断絶は大多数の国民の『支持』を得る事ができるだろう。

もちろん、これの実行に当たっては日本国籍の所持が投票権となる事はいうまでもなく、そして厳格な有権者資格審査(例えば、投票所にて住民票の確認など)をするのは当然であろう。

そして愚かだと思ったのは、『EUからの離脱』というその結果である。 まぁ、それに至る経歴(移民問題)などはあるにせよ、欧州という地続きで民族が混在する地域での孤立主義、経済を無視した復古主義は、後で「泣いてその失態をもみ消してもらう」ようになる事が目に見えているからである。

なぜなら、この離脱騒ぎで世界経済に大いなる迷惑をかけてしまったからである。 要するに、賢い選択は取り敢えず残留して、EU内を改革するべきであったのだ。 もちろん、今のEUの『域内の移動の自由』に対して、制限を設ける働きかけや国益に沿わぬ移民の受け入れ拒否を、拠出金の不払いやEU現執行部の一新要求などを武器に取り進めるべきだったのである。

まぁ、右翼なお方達は、「グローバリズムに対するナショナリズムの勝利だ!」、「経済より守らねばならぬモノ=主権を取り戻した」などと喚いておられるが、それはこの結果によって迷惑を蒙った諸外国が『ダンマリ』を決め込んでくれなければならないのである

その一例が、関税である。 EU離脱で関税がかかり経済競争力が低下したなら、「移民により雇用奪われた」などと悠長な事をいってられないのだ。 即ち、経済競争力の低下=英国自体が大不況に襲われて雇用自体が消えていく訳である。

そして、この経済的混乱に嫌気が差した投資層は軒並み英国から手を退き、株安と通貨安と企業の海外退避が国内を襲う=ミンス政権時の我が国のような状況が延々と続くのである。 そうそれは、EUが崩壊するか、前述のように英国自体が「泣いてその失態をもみ消してもらう」以外に復活する手立てはないのである

仮にEUが崩壊するにしても、3年から5年の歳月が必要だろう。 そして、EU自体も崩壊を食い止めようとあらゆる手を使ってくるであろう。 関税も負けてはくれまい。 それはEUが英国の経済を行き詰まらせて、「泣いてその失態をもみ消してもらう」ように仕向けるのは解りきっている事であろう。

要するに、「ホレ見ろ! 英国経済は無様に破綻しただろう?」と持っていく策略である。
それは、新たなる離脱国の芽を摘む手法でもあるのだ。 そして、このように英国の経済が詰められると、英国に進出している外国資本は順次逃げ出すだろうね。 となると、雇用も立ち消える。
また、損をコカされた海外の投資家も、タダでは英国と手を組むまい。 下手すりゃ、「EUにこの度の非を詫びる」事を取引条件にもってくるかもしれない。

でも、移民を排除したい気持ちはよく判る。 日本もチョンというヒトモドキにまとわり憑かれているしね。 だが、移民を排除した先こそ大事なのである。 安定して国が活動する下地を確保する=経済を良化し、取引相手との信頼関係も損なわないのが大切なのである。

まぁ、今回の国民投票の結果は、『大英帝国』の愚かな幻想を抱く年寄の老害が、若年層の無関心を上回ったって事だろう。 そして被害を蒙るのは、働き盛りの若年層なのである。 日本も偉い迷惑したよ。
日本企業の大半は泣き寝入りするだろうけど、アメ企業はそうはいかないかもね。 英国に対して、損をコカされた事に対する『嫌がらせ』は多分にあると思うけど。

まぁ、欧州は『地続き』だから、移民の完全排除は厳格な排他主義や孤立主義に立ち戻るしかない=シナのような独裁政権でないと厳しいかもね。 経済を守りつつ移民を減らしていく方法論としては、EUに留まってEUの内部改革をするしかないのだろう・・と思う。 まぁ、これも理想論なのだけど、『大英帝国』復活の幻想の理想論よりは遥かにマシだと思うけど。

まぁ、キャメロンさんも無能でしたな。 せっかく安倍さんが、「現在の経済状況は、リーマンショクに匹敵する危険を孕んでいる」と暗にこの国民投票の事を差して注意喚起したのに、「そんな事ないよ、経済危機なんて言い過ぎだよ」と笑い飛ばして、今日の危機的状況を招いてるし。 まぁ、サミットの首脳宣言に『経済危機』を入れた所で結果は変わらなかったかも・・とは思うが、英国世論への注意喚起にはなったと思うし。

さて、これまで英国の国民投票という、記事のお題と全く別の話題となったが、日本ではこの選挙の『裏争点』として憲法改正がある。 まぁ、憲法改正の要件は衆参両院の2/3の賛成が必要という、真に持って機動力のないルールとなっているのである。 いや、「機動力がない」どころか、「ほぼ不可能」という方が正しいのかもしれない。 だから、「自らの国を守る事を否定する」この悪しき現憲法が、戦後70年に渡って毒汁を撒き散らしたのである

その「毒汁を撒き散らす」憲法の一部を修正したい・・という事なのである。 そしてその修正内容は、安保法関連を合憲化する事なのである。 更に、「その在籍の1/3がチョン」と言われる『日本会議』に至っては、売国行為を繰り返すチョンのプロパガンダの天皇を『国家元首』に据える憲法改革を提唱している。

コレって、パヨクどもの工作活動よりよっぽど危険なのだ 
それは、チョンのプロパガンダで、日夜チョンの為に日本を売る売国活動をする天皇に『国家元首』という権限を与えるという事は、即ち「日本国の終了!」を意味するのである。

要するに、竹島で謝罪を要求した李明博に対しての謝罪書簡を出した様に、チョンのプロバガンダの天皇が、『国家元首』の権限をもってチョンに謝罪したらどうなるか?って事である

恐らくであるが、この『日本会議』の目する草案通りに憲法が改正されると、天皇が『国家元首』となって不敬罪が創設されるなど天皇全体主義の流れとなると共に、『日本会議』に巣食うチョン共の態度は180°豹変するだろう。 

平然と『国家元首』たる天皇によっての謝罪によってチョンに対しての隷属化が行われ、それを批判する者は天皇に対する不敬の罪で次々と処罰していく事だろう。

愛国者の面を被ったチョン共の『真の目的』はコレなのである。

その事はこれら『天皇信奉右翼』共の行動を見れば予測が着くのである。 それは、もしコイツらが真の国を思う『愛国者』ならば、度重なる天皇の売国行為に対して厳しく諌言し、それでも改めないならば退位を迫るハズなのである。 それは「チョンへの隷属化」という、日本国にとっては八つ裂きにしても飽き足らない究極の売国行為だからである。

だが、日本国に対しての最大の裏切りに対して過ちを糺し諫めるどころが、それを持ち上げて『国家元首』にする・・と模索した時点で、チョンの売国奴の本性が現れているのだ。

だから・・である。 憲法は改正ではなく、現憲法の破棄と新憲法の樹立が必要なのだ。

その為には、チョンのプロパガンダである天皇を速やかに追放してチョンとの関わり合いを断ち、在日などのこの国に巣食う病原体を下チョンに送り返し、過去のチョンの成り済ましによる犯罪を一斉に洗い出し、国家反逆の廉が判明したなら国家反逆罪として処罰する必要があるのだ。 それについては、前の日記の記事『日本を蝕むチョンを排除するには・・』に詳しく書いてあるので、一読して頂きたい。

現憲法の1条から8条までが天皇の地位を条文化したものである。 そう、チョンの背乗りによる成り済ましの『チョンの仕立てたプロパガンダ』が憲法の主文になっている訳である。 そして、この『チョンのプロパガンダ』天皇は、今の所パヨク側に位置して『日本会議』とは反目し、自国の防衛を否定した『憲法9条』の堅持を唱えている。

要するに、『パヨク』と『天皇信奉右翼』というチョン共の派閥争いがあったお陰で、何とか最悪の事態に至る事を免れていた訳である 要するに、毒が毒に対しての効力となっていた訳である。
要するに、現憲法を堅持するのはシナ・チョンの主流派が抱く「戦力の不保持を背景にした日本の手足をもぐ」手法であり、それに乗じて日本を隷属化する目的である

一方、『天皇信奉右翼』は『天皇』をお飾りとした『全体主義』の構築を目指しており、天皇を操り人形として利用して国を乗っ取る事を目的としている訳である。 だから派閥争いが起きている訳なのである。 でも真実は、どちらも「八つ裂きにしても飽き足らない」日本国の敵なのである

だから、この憲法は破棄せねばならないのだ。 そして、新たに樹立させる憲法には「主権在民」ではなく、「主権は出生時に遡り日本国籍を持つ国民」に限定せねばならないのだ

また国防に関しては「国民の生命、国の財産、国土保全に対しての侵害行為が認められたならば、あらゆる手段を尽くして、その悪害を排除し保全する事を約し、その権限を保障させる」という意味合いの条文を設けるべきなのである。




関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可