風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2024年03月

よも”ヤマ”話  第212話  奥美濃の景勝地めぐり

よも”ヤマ”話  第212話  奥美濃の景勝地めぐり

よも”ヤマ”話  第212話  奥美濃の景勝地めぐり 〔岐阜県〕  '99・3春先の白川郷・合掌造り集落  奥美濃 おくみの岐阜県の奥地にある山岳地帯のすそにある集落は、街より遠くまた雪深い事から長く隔絶された秘境の地であった。 そして街の文化とは違った地域独自の文化や伝統が伝承され、深い雪や寒さに耐えうる館が建てられた。 中でも合掌造りで知られる茅葺屋根は、街の建物に使用される瓦屋根では雪の重みに耐える事...

... 続きを読む

『路線の思い出』  第555回  根室本線・東鹿越駅

『路線の思い出』  第555回  根室本線・東鹿越駅

『路線の思い出』  第555回  根室本線・東鹿越駅 〔北海道〕東鹿越駅舎1日平均利用客0~1人の秘境駅が台風災害により先が不通となり終着駅&代行バス乗継駅に出世した《路線データ》根室本線       営業区間と営業キロ            輸送密度 / 営業係数(’22)        滝川~根室 446.8km                 52  /   2283                 ...

... 続きを読む

岬めぐり・・  北オホーツクの岬

岬めぐり・・  北オホーツクの岬

岬めぐり・・  北オホーツクの岬北オホーツク道立支線公園内の岬である北見神威岬をめぐる在りし日の国鉄・興浜北線の炭鉱気動車  北オホーツク きたおほーつく (北オホーツク道立自然公園 他)北海道の道北、オホーツク海側の北部地域を指す地域名称である。 主に北から稚内市(オホーツク海側)・猿払村・浜頓別町・枝幸町と、宗谷総合振興局(旧宗谷支庁)管内地域が該当する。枝幸・浜頓別・猿払の各町村に渡っての総面...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第211話  北陸海岸めぐり

よも”ヤマ”話  第211話  北陸海岸めぐり

よも”ヤマ”話  第211話  北陸海岸めぐり〔富山県・福井県〕  '99・3雨晴海岸での日ノ出:逆光に薄っすらとターゲットの立山連峰が黒陰で入っていたりして   雨晴海岸 あまはらしかいがん (能登半島国定公園)富山県高岡市北部にある景勝豊かな海岸で、能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選にも選ばれている。 晴れた日には富山湾越しに立山連峰の3,000 m級の山々を望む事ができ、景勝地として人気がある。冬季は...

... 続きを読む

『ネームトレイン』 第55回 (マイタウン列車)かえで

『ネームトレイン』 第55回 (マイタウン列車)かえで

『ネームトレイン』 第55回 (マイタウン列車)かえで塩狩峠をゆくキハ22の宗谷本線・名寄行き普通列車〔マイタウン列車かえで〕:1986~95年の間は旭川鉄道管理局管内の旭川発着の普通列車には『マイタウン列車+地域から採った愛称』がつけられていた  (マイタウン列車)かえで ・・ マイタウン列車とは、かつて国鉄旭川鉄道管理局(現・北海道旅客鉄道旭川支社)が、1986年のダイヤ改正時より普通列車につけていた列車愛称...

... 続きを読む

第578回  田子倉の春

第578回  田子倉の春

『日本百景』 春  第578回  田子倉の春 〔福島県〕雪で閉ざされた湖・田子倉湖に春が訪れるのは日本各地が初夏の陽気となるGWの少し前だ  田子倉湖 たごくらこ (越後三山只見国定公園)福島県南会津郡只見町大字田子倉に建つ田子倉ダムによって堰き止められた人造湖で、ダムと同じく日本有数の規模を有するダム湖となっている。 そのダム湖の総貯水容量は、揖斐川の山奥で徳山村をそっくりそのままダム湖とした徳山湖と...

... 続きを読む

『路線の思い出』  第554回  筑豊本線・筑前山家駅

『路線の思い出』  第554回  筑豊本線・筑前山家駅

『路線の思い出』  第554回  筑豊本線・筑前山家駅 〔福岡県〕待合室とトイレのみの簡易駅舎となった筑前山家駅《路線データ》      営業区間と営業キロ            輸送密度  / 営業係数(’22)        若松~原田 66.1km               385   /   443                              ※ 桂川~原田の数値桂川~原田の運行本数(’24...

... 続きを読む

廃線鉄道  第120回  宇品線

廃線鉄道  第120回  宇品線

廃線鉄道  第120回  宇品線  〔広島県〕広島駅0番線の宇品線ホームで発車を待つキハ04形気動車:戦後まもなくは原爆被災した官公庁舎が宇品線沿線に仮庁舎を建てた為にそれなりに賑わいを見せていた※ ウィキペディア画像を拝借宇品線(うじなせん)は、広島県広島市の広島駅から南下し宇品駅までを結んでいた国鉄の鉄道路線である。 1968年9月に国鉄諮問委員会の意見書により、『使命を終えた路線』として路線廃止及びバス...

... 続きを読む

No Subject * by hanagon60
社会人最初の赴任地・広島にいた頃、所用で宇品に行った事があり、そういえば宇品駅ってまだ残っているのかなぁ?と思いついた事がありましたが、時間が無くてちょっと探しただけで見つけられず引き返した記憶があります
おそらく1985年頃のことだったので、記事拝見するとまだあったのですね
おまけに早朝運転されていたとは!
これは残念な事をしました。。

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

広島駅の写真は1980年の私が中坊の時のモノで、この当時は宇品線は『4者協定線』としてバリバリの現役で、1日1往復の貨物が往来していたんですね。 でも、この時の中坊のターゲットは東京発のブルートレインで、これを追っかけて広島でハチャメチャな一夜を明かすとんでもなく『悪い子』でした(笑)。 なので、宇品線は眼中どころか存在すら知りませんでした。

その時のハチャメチャ(今でなくても補導必死)な撮影行と、この時撮ったのが我がホームページ『魅惑の鉄道写真集』の9ページ目を100万アクセスに導いたドル箱写真を載せた記事です。 宜しければ、暇つぶしにどうぞ。 でも、ドン退き必至です。

『路線の思い出 国鉄時代の広島駅』
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1595.html

よも”ヤマ”話  第210話  四国の三大岬めぐり

よも”ヤマ”話  第210話  四国の三大岬めぐり

よも”ヤマ”話  第210話  四国の三大岬めぐり 〔愛媛県及び高知県〕  '99・ 1細長い突端岬から豊後水道を介して九州に水先案内の光を届ける佐田岬灯台    四国の三大岬 しこくのさんだいみさき  (瀬戸内海国立公園)・(室戸阿南海岸国定公園)・(足摺宇和海国立公園)本州・北海道・九州と共に日本の主要4島の一つである四国は、北東・北西・南東・南西の四隅を海に突き出す地形であるが、北東を除く3つの隅には我が国を...

... 続きを読む

金や仕事に関して高飛車な態度のネット批評家を斬る その2

金や仕事に関して高飛車な態度のネット批評家を斬る その2

《その1》からの続きデス。 今回の《その2》では、起業・転職と副業と会社での評価を高める事による昇給のそれぞれの是非について掘り下げていこうと思う。  副業を考える奴は給料の少ない無能で無能だから頭も悪いと罵るのは、  コンサルタントとして会社を差し置いて副業で成功されたくないから経営コンサルをやっているネットのコラムミストが、「なぜ頭の悪い人はすぐに『副業』を考えるのか?」と問い質している。 自身...

... 続きを読む