風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2024年02月

『ネームトレイン』 第54回  伊豆

『ネームトレイン』 第54回  伊豆

『ネームトレイン』 第54回  伊豆東京から伊豆の温泉地を結ぶ観光急行【伊豆】※『国鉄急行列車《東日本編》』廣田尚敬 著 より  急行【伊豆】 ・・ 1953年3月15日に、湘南型の80系電車を使用した準急〔伊豆〕として東京~伊東・修善寺で運転を開始している。 この列車は準急〔あまぎ〕を改称したものであるが、末期は【あまぎ】は特急列車に格上げされている。 急行に格上げされた【伊豆】は、特急【あまぎ】に格上げされ...

... 続きを読む

金や仕事に関して高飛車な態度のネット批評家を斬る その1

金や仕事に関して高飛車な態度のネット批評家を斬る その1

ネット批評家に言わせると、ワテのようなのは無能の典型例で、組織にとってはムダな給料を払わされる不要な奴なのだそうた。 それは、ワテのような考え方や行動は、会社全体にとって悪害をもたらすそうで、それを理解しないから徹底的に頭が悪く、何をやっても必ず失敗する奴なのだとの烙印を押している。でも、こういうネット批評家の主張を見ると、会社経営者にばかり都合のいい事を書き並べている。そして奴らの素性を見ると、...

... 続きを読む

第577回  厳冬期の北八ヶ岳 その4

第577回  厳冬期の北八ヶ岳 その4

『日本百景』 冬 第577回 厳冬期の北八ヶ岳・その4(天狗岳・下山)〔長野県〕東西で対照的な山容を魅せる異質な双耳峰・天狗岳  北八ヶ岳・天狗岳 きたやつがたけ・てんぐたけ (八ヶ岳中信高原国定公園)八ヶ岳連峰は夏沢峠を境に南側を南八ヶ岳・北側を北八ヶ岳と呼ぶが、天狗岳はこの北八ヶ岳の最高峰である。 山頂部は300mほどの間隔を置いて東西に分かれた双耳峰で、西天狗岳と東天狗岳と呼ばれている。山名の由来と...

... 続きを読む

『路線の思い出』  第552回  留萌本線・北秩父別駅

『路線の思い出』  第552回  留萌本線・北秩父別駅

『路線の思い出』  第552回  留萌本線・北秩父別駅 〔北海道〕ブルーモーメントの空とカクテルライトに照らされてほのか色に輝く北秩父別駅《路線データ》       営業区間と営業キロ     輸送密度 / 営業係数(’22)     運行本数             深川~石狩沼田 14.4km       170  /   937           7往復                   ※ 廃...

... 続きを読む

路線の思い出 501~550 目次

路線の思い出 501~550 目次

凡例 駅名のみの記載、駅名の前の数字は掲載回を表す、廃止駅は赤文字、休止駅は青文字JR北海道 管内501十勝三股駅跡、508幸成(仮)、512北進駅跡原野、515石狩沼田、517美深、521美幌、529下金山、533北見相生、537縫別駅跡地、544あいの里公園、545長万部、549峠下、550茅沼JR東日本 管内506田子倉駅跡・秋景色、511浅野、518大湊、523会津中川、532山都、534海ノ口、541男鹿、JR東海 管内503近鉄・上笠田、505駒ヶ岳ロープ...

... 続きを読む

岬めぐり・・  日ノ出岬

岬めぐり・・  日ノ出岬

岬めぐり・・  日ノ出岬展望櫓があるだけで全く観光地化されていなかった40年前の日ノ出岬  日ノ出岬  ひのでみさき雄武と興部の間にあるオホーツク海に少し飛び出した岬で、岬の名の通りオホーツク海から昇る朝日を望む名所である事は元より、高い緯度の北海道の広大な水平線ゆえに初夏から夏にかけてはオホーツク海に沈む夕陽も望む事ができるとの事である。現在はガラス張りの展望ゲストハウス『ラ・ルーナ』が建っている...

... 続きを読む

廃線鉄道  第119回 山鹿温泉鉄道

廃線鉄道  第119回 山鹿温泉鉄道

廃線鉄道  第119回  山鹿温泉鉄道 〔熊本県〕山鹿駅の駅名標※『山鹿温泉鉄道 田尻弘行 著』より山鹿温泉鉄道(やまがおんせんてつどう)は、かつて熊本県鹿本郡植木町(現・熊本市)の植木と、同県山鹿市の山鹿の間を通っていた鉄道路線及び、その運営事業者である。 当初の名称は、山鹿町の郡名の『鹿本郡』から鹿本鉄道(かもとてつどう)と称していた。歴史のある湯治場として知られる山鹿温泉※『山鹿温泉観光組合』より...

... 続きを読む

『路線の思い出』  第551回  氷見線・雨晴駅

『路線の思い出』  第551回  氷見線・雨晴駅

『路線の思い出』  第551回  氷見線・雨晴駅 〔富山県〕ひっそりとした佇まいの冬の雨晴駅舎《路線データ》       営業区間と営業キロ            輸送密度 / 営業係数(’21)             高岡~氷見  16.5km                  2051  /  463      運行本数(’24)高岡~氷見 18往復(概ね上下ともラッシュ時毎時2本...

... 続きを読む

第576回  厳冬期の北八ヶ岳 その3

第576回  厳冬期の北八ヶ岳 その3

『日本百景』 冬 第576回  厳冬期の北八ヶ岳・その3(縞枯山~高見石)〔長野県〕高見石の岩の上に立ち上州の山々の暮れ情景を望む  高見石 たかみいし (八ヶ岳中信高原国定公園)北八ヶ岳山域の白駒池からほど近い場所にある小ピークで、北八ヶ岳随一の展望台として親しまれている。 山頂にある岩が高見石と呼ばれ、眼下に見える白駒池をはじめ、八ヶ岳の眺望、北アルプスなどが広がる。 また、暮れる直前の時間帯には、...

... 続きを読む

『ネームトレイン』 第53回  志摩

『ネームトレイン』 第53回  志摩

『ネームトレイン』 第53回  志摩さよなら志摩号・記念急行券※『Yahoo!オークション』より  急行【志摩】 ・・  1961年3月に鳥羽~南紀勝浦の準急としてネームデビューした列車であるが、2年後の1963年10月のダイヤ改正での列車相互の列車名交換によって、従来の鳥羽~南紀勝浦が準急〔なぎさ〕に、京都~鳥羽の準急〔鳥羽〕が〔志摩〕に改称されている。 その後、1961年3月の国鉄当局による列車種別の見直し(料金制度の...

... 続きを読む