風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2019年01月

第362回  夕張

第362回  夕張

『日本百景』 冬  第362回  夕張  〔北海道〕空気を運ぶ単行気動車が住宅が建ち並ぶ中に消えていく   夕   張  ゆうばり   (富良野芦別道立自然公園)夕張市(ゆうばりし)は、北海道中部空知地方の市(地方自治体)である。 夕張メロンの産地として知られる。 北海道の中央部に位置し、かつては石狩炭田の主力炭鉱街として栄えたが、1990年までに全ての炭鉱が閉山した。 その後にヤミ起債が発覚し深刻な財政難...

... 続きを読む

No title * by 鳳山
炭鉱が無くなって寂れた町は九州にも多いですが、その後の経済振興・観光振興も苦労していますね。夕張はいろいろポテンシャルはありそうですが、外国資本に頼ればろくな事にはなりません。

No title * by 風来梨
鳳山さん、こんばんは。

仰る通り、夕張市はポテンシャルがある分だけに勿体無いですね。 折角の貴重な歴史的財産の三弦橋をダム湖に水没させたり、ヤミ起債で財政と信用を失ったり、観光客を呼ぶべくの「道の駅のトイレ」や「温泉」といった施設を壊れたまま一年以上放置したり、活用法を考えずに鉄道を放棄したり・・と、やってる事がチグハグ過ぎますね。

「夕葉リゾート」も、シナの経営者が買い取ってから、ホテルの接客が悪くなったと評価されてるようですし、今までホテル前にある夕張駅の面倒(乗車券の販売とか取次)をみていたのに、シナの経営者に代わってから打ち切られたようですし。

以前と違って、地元に貢献しなくなったようです。 でも、夕張で成功してるのは、この「夕張リゾート」だけなんですよね。

No title * by pikes peak
いや同感です。大切な資源として残す選択肢も考えて欲しかったです。

昨夏、新夕張の道の駅で、車中泊の予定を組み、行って見るとトイレが閉鎖されていて、結構ハラハラさせられました。

夜のテールライト、身にしみるいい画です。

No title * by 風来梨
pikes peakさん、こんばんは。

鳳山さんも仰っていましたが、夕張市は大自然に囲まれていて、九州の旧炭鉱街よりポテンシャルも高く恵まれてるのに、その財産を自らで喪失させてるのですよね。 勿体無い話です。

私も『道の駅・夕張』で車寝する予定でしたが、トイレがないので清水沢駅周辺の公衆トイレ付の駐車場にしましたか、その夜はこの旅で唯一大雪に遭って、夜明け前の3時半からレンタカーの雪降ろし&進路確保の為の除雪をさせられました。 コレをしないと閉じ込められますから。

これにコリて最終日の車寝場所は、沼ノ沢の公衆トイレ前(コチラの方が雪が少ない)にしましたよ。