風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2015年11月

第210回  夕暮れと釣り人(室戸)

第210回  夕暮れと釣り人(室戸)

『日本百景』 秋  第210回  夕暮れと釣り人(室戸)  〔高知県〕室戸岬沖は岩礁が幾重にも重なる荒々しい眺めだ   室戸岬 むろとみさき (室戸阿南海岸国定公園)四国の東南端・・、太平洋に向かって穂先を突き出す『室戸岬』は、黒潮の荒波をまともに受けて更に鋭い地形を魅せている。 この鋭く尖った地形と荒れ狂う土佐の黒潮、そして断崖の遙か高くに孤立する白亜の岬灯台が、私の心に抱く“岬の情景”に見事に合致し...

... 続きを読む

No title * by gre*n*hub*32
釣り人が幻想的であり引きこまれそうでした。
私も釣りがだいすきですが、最近は機会がなくて残念です。

其れにしても室戸岬の夕日と釣り人のコントラストは自然が織り成す芸術といえるでしょう。
この瞬間を取った風来梨さんの腕前と感性の良さには脱帽致します。

☆ナイス!〜

No title * by 風来梨
gre*n*hub*32さん、こんばんは。

こういうシ-ンはほとんど撮った事がなかったので、どう撮ればいいか迷いました。

迷った時は適当に・・というマイ・セオリーで撮って上手く行きましたね。

路線の思い出   第121回  明知線・花白駅、山岡駅、明知駅

路線の思い出   第121回  明知線・花白駅、山岡駅、明知駅

路線の思い出   第121回  明知線・花白駅、山岡駅、明知駅  〔岐阜県〕古き良き時代の鉄道駅の様相を魅せた国鉄時代の明知駅《路線データ》         営業区間と営業キロ          輸送密度 / 営業係数(’83)         恵那~明知 25.2km          1509  /  588              移管年月日       移管時運行本数       転換処置          ...

... 続きを読む

No title * by きゃみ
こんばんは。
汽車旅ではたまにあるアクシデントですね~。 私も駅のボットン便所は何度も体験しております。。あるだけましか(^_^;)

明知線は後回し後回しで結局未だ訪問できてません。近いうちに訪問しようと企てています。時刻表を見ると食堂車マークの列車が載ってました、気になりますね。

No title * by 風来梨
きゃみさん、こんばんは。

いやぁ・・、お見苦しいネタを御覧頂き、ありがとうございます。
私もこの明知線は御覧のような今イチなモノしか撮れなかったので、要リベンジ路線の一つとしてあげていましたが、同じく後回しが重なって2度目は未だに訪れておりませんね。

なし崩しとはいえ、山岡~明知の丘陵越え区間を歩き見たのに、未だ活かしてないなぁ。 もう30年チョイ経って、情景は大いに変わっているだろうけど・・。

No title * by 風旅記
こんばんは。
連続してのコメント失礼します。
明知線、旅の途中で訪ねるつもりが、出発自体寝坊で遅れてしまい、そのまま未だ乗る機会を持てずにいます…
お写真、楽しませて頂きました。
キハ20系列の車両は、端正なデザインで風景に馴染みますね。オレンジ色の車体も派手なようで、自然の中に存在している色に近いのでしょうか、違和感を感じずに眺めることができます。
第三セクター鉄道になって、お写真の頃とは沿線も含めて変わっているのでしょうが、長閑な風景を期待して旅してみたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

No title * by 風来梨
風旅記さん、こんばんは。

私もこの時以降、30年訪れてませんね。 やはり、路線の運営状況が危機に頻しない路線は後回しにしてしまいがちですね。

でも、今の明智鉄道は、食堂車を連結した便を運行するなど、地道な経営努力がみられますね。

廃止路線が廃止になった時より更に鉄道を取り巻く環境が厳しくなった今、こういう経営努力をもってしても路線存続は霧の中ですから。

No title * by 旅の途中
懐かしいですね。昔の明知線。私もその昔、SLだけじゃなくて路線として記録していましたのでトラックバックさせて下さい。明知線は、SL復活の話がありこれからは少し期待できますよ!

No title * by 風来梨
旅の途中さん、こんばんは。

懐かしくも”恥ずかしい”アオき小僧の鉄道の思い出を御覧頂き、有難うございます。
旅の途中さんは、貴重なお宝写真を掲載されてますね。 訪問させて頂いた時に、ついつい見入ってしまいました。 特に興浜北線の北見神威岬の情景は、私も撮った情景でしたので感慨深いモノがありました。

それと、トラックバック有難うございます。 今後とも、宜しくお願い致します。