風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2011年05月

6月の壁絵です

6月の壁絵です

    トップページ      月に1回、自己満を目一杯に前面に出した写真で飾ります。       6月は高山植物・エゾノハクサンイチゲ 可憐に浮き立つ・・北海道・暑寒別岳(1491m)の頂上に広がるお花畑にて・・ 可憐な花なれど、イチゲ科の花って毒花なんですよね・・...

... 続きを読む

No title * by ゴンパパ
怖い・・・綺麗な花には棘がある?いや毒があるんですね。

No title * by 風来梨
ゴンパパ様、こんばんは。

山の花には毒のあるのが多いんですよ。
代表的なのがトリカブトですね。

厳しい環境でこそ成り立つ高山植物の
身を護る手段なのでしょうか・・

私の訪ねた路線  第27回  鍛冶屋線

私の訪ねた路線  第27回  鍛冶屋線

私の訪ねた路線  第27回  鍛冶屋線 〔兵庫県〕 《路線データ》 営業区間と営業キロ      輸送密度 / 営業係数(’83)    廃止年月日     転換処置     野村~鍛冶屋 13.2km       1382  /  1219          ’90/ 4/ 1       神姫バス         廃止時運行本数    野村~鍛冶屋  13往復    西脇~鍛冶屋   1往復    野村~西脇  ...

... 続きを読む

日本の滝を訪ねて 第24回  奥入瀬渓流

日本の滝を訪ねて 第24回  奥入瀬渓流

日本の滝の第24回目は、我が国を代表する観光地としても有名な奥入瀬渓流を御紹介しよう。  川幅いっぱいの水を落とす銚子大滝   奥入瀬渓流 〔青森県〕 《メインサイトより記載》奥入瀬渓流は、カルデラ湖である十和田湖より流れ出る唯一の川・奥入瀬川がおりなす清楚な渓流である。 清らかで神秘的な十和田湖より流れる水が創ったこの渓流には、清らかな水がかもしだす気品高き清楚な趣を感じるのである。 奥入...

... 続きを読む

No title * by yama
一度は訪れたい奥入瀬!☆ポチッ!!
現在は群馬県を歩いてますが、
果たして歩けている内に辿りつく事が出来るかなぁ~(詫)

No title * by 風来梨
yama様、こんばんは。

遠いですよね、奥入瀬渓流。 感覚的には北海道より遠いです。
でも去年の秋に、奥入瀬の近くにある松見ノ滝を撮りに週末休みフル活用で行ってきました。

プランは、急行【きたぐに】→特急【いなほ】→レンタカー泊の往復です。 費用をケチる為とはいえ、【きたぐに】の自由席は大変キツいですね。

>現在は群馬県を歩いてます
それは羨ましい。 谷川でしょうか? 水芭蕉の宝庫・尾瀬でしょうか? また、山の便りのアップをお願いします。

No title * by おっちゃん(流離のドライバー)
10うん年前に奥入瀬渓流に行きました。
台風の後で濁流でした。

No title * by 風来梨
おっちゃん、こんばんは。 お久しぶりです。

実をいいますと、この写真は約20年前のです。
リバーサルで撮っていたお陰で残す事ができました。
もし、あの頃が今みたいにデジタルだったら、全く残ってないでしょうね。 そう思うと恐ろしい。

私の訪ねた路線  第26回  宮津線

私の訪ねた路線  第26回  宮津線

『私の訪ねた路線』  第26回  宮津線 〔京都府・兵庫県〕 大河・由良川を渡る在りし日の急行【丹後】号  丹後神崎~丹後由良 《路線データ》  営業区間と営業キロ    輸送密度 / 営業係数 (’83)    移管年月日     転換処置  西舞鶴~豊岡 84.0km     2590  /   435           ’90/ 4/ 1   北近畿タンゴ鉄道 移管時運行本数       西舞鶴~豊岡 ...

... 続きを読む

オホーツク縦貫鉄道の夢  第15回  知床岬へ・・ 後編

オホーツク縦貫鉄道の夢  第15回  知床岬へ・・ 後編

『オホーツク縦貫鉄道の夢』  第15回  知床岬へ・・ 後編 知床岬の突端へ・・もはや大草原の先に陸地はない     ※ 『第14回 知床岬へ・・ 前編』 からの続き 天から100m近い・・、いやそれ以上の滝が2本かかっているではないか。 何と神秘的な滝だろう。 この国には、知られざる魅力がいくらでも隠されているのである。 もう先程の弱気は消し飛び、心も高揚してこの素晴らしい滝をカメラに収めまく...

... 続きを読む

No title * by chichibubukou
私の思い出に、カムイワッカの湯ノ滝で大自然の露天風呂、美瑛で
グライダーに乗って大地を見下ろしました。もう一度行ってみたいです。ポチ☆

No title * by 風来梨
おはようございます。 見てもらってありがとうございます。

カムイワッカの湯滝、私もいった事あります。 この時は地下足袋でいったので、源泉を踏んだ時は熱くて熱くて・・、海パンの用意がなかったので、足だけ浸かってかえりましたが・・。

美瑛のグライダー、やってみたいなぁ。 サロマ湖でスノーモービルに引っ張られたパラセールで飛んだ事ありましたが、それはもう大興奮でしたから。

魅惑の大地・北海道。 いつまで経っても、憧れの地です。

No title * by kei
風来梨さん、トラバされた記事を拝読させていただきました。臨場感にあふれ、実際に体験した人間でなければ絶対に書けない文章ですね。
歩いて知床岬に立つという偉業達成に特大のポチ☆を!!!

No title * by 風来梨
keiさん、見て頂いてありがとうございます。

一度しくじってこっ酷くやられました(メインサイトの失敗編にあります)ので、その時に引き潮と満ち潮の関係が月の引力によるものだ・・と学びました。 そして偶然とはいえ、しくじった時が引き潮と満ち潮の差が最も無い日だと知った時、無知の怖さも思い知りました。

そして、恐らく体力的にも行こうとは思わない難所である事も、私の体験における宝物となっています。

私の訪ねた路線  第25回  因美線

私の訪ねた路線  第25回  因美線

『私の訪ねた路線』  第25回  因美線 〔岡山県・鳥取県〕 かつては“タブレット”急行【砂丘】も走っていた・・知和~美作河井 《路線データ》     営業区間と営業キロ      輸送密度 / 営業係数 (’83)        運行本数   東津山~鳥取 70.8km     2528  /   447        時刻表を見てください   《路線史》1919~28年に軽便線規格で鳥取・津山の両端から建設...

... 続きを読む

名峰次選の山々 第22回  戸隠・西岳

名峰次選の山々 第22回  戸隠・西岳

名峰次選の山々 第22回  『146 戸隠・西岳』  長野県 戸隠山系(上信越高原国立公園) 2053m コース難度 ★★★★★  体力度 ★★★★★ 戸隠・西岳の嶮峰群    行程表長野市街より車 (0:40)→森林植物園 (0:30)→戸隠奥社 (2:00)→八方覗 (1:40)→本院岳(0:50)→戸隠・西岳 (0:30)→第一峰〔P1〕下降点 (1:00)→蟻ノ戸渡リ (2:50)→鏡池 (0:40)→森林植物園より車 (0:40)→長野市...

... 続きを読む

No title * by yamanbou
おはようございます。クサリが付けてあるということは公認コースですか? 怖そう!! 基本的にこんなとこ好きですど・・・
雨に濡れた花、清楚ですね。サンカヨウでしょう。

No title * by 風来梨
こんばんは。 お返事が遅れました。

一応、道標やらはあるのですが、難所のレベルがかなり高いです。
この場所を通ると、シャツを絞れば汁が出るほどに汗(冷汗かも)が出るし、下りた瞬間はズタボロでしたが、ものすごい興奮がありました。

たぶん、公認ルートであったが、墜死事故多発で「なるべく通らぬように」となったルートかもしれませんね。

名峰百選の山々 第22回  戸隠山・高妻山

名峰百選の山々 第22回  戸隠山・高妻山

名峰百選の山々 第22回  『35 戸隠山 、34 高妻山』長野県・新潟県 戸隠山系(上信越高原国立公園) 戸隠山 1904m、高妻山 2353m コース難度 ★★★★  体力度 ★★★ ひときわ高い三角錐を示す高妻山     行程表                                           《1日目》 長野市街より車 (0:40)→戸隠・奥社登山口駐車場 (0:20)→森林植物園      ...

... 続きを読む

No title * by yamanbou
「蟻の戸渡り」視界5mの霧でも出ないと怖そうですねぇ。
元気のあるうちに挑戦したいものです。

No title * by 風来梨
yamanbouさん、こんばんは。

ここも大概エグい難所ですが、次にUPする戸隠・西岳側のもう一つの『蟻の戸渡リ』の方がもっとエグいです。

どれほどエグいかは、次のUPをお待ち下さい。

私の訪ねた路線  第24回  近鉄・伊賀線

私の訪ねた路線  第24回  近鉄・伊賀線

『私の訪ねた路線』  第24回  近鉄・伊賀線 〔三重県〕 信号と木の架線電柱  味あるなぁ・・伊賀神戸~比土 《路線データ》          営業区間と営業キロ                     移管時運行本数     伊賀神戸~伊賀上野 16.6km   伊賀神戸~上野市・上野市~伊賀上野で分割運行   ’07・10・1より伊賀鉄道に経営移管   いずれも、30~60分毎の運行 きっちり、...

... 続きを読む

No title * by C#5004
初めまして、伊賀線の画像を検索していたら偶然辿りつきました。
拝見したところ車両の特徴などから昭和56~57年ごろに撮影されたもののようですね。
なお、一番下の5001号車の撮影場所は上林駅から伊賀上野方を向いたところです。
ご参考までに…

No title * by 風来梨
こんばんは。

25日まで外出してましたので、お返事が遅れました。 申し訳ありません。

>拝見したところ車両の特徴などから昭和56~57年ごろに撮影されたもののようですね。

その頃だと思います。 そして、記憶では桑町と上野市と伊賀上野以外に降りた記憶がないのて・・。 でも、ご指摘通り上林に降りていたのかな?

名峰次選の山々 第21回  アポイ岳

名峰次選の山々 第21回  アポイ岳

名峰次選の山々 第21回  『118 アポイ岳』  北海道・日高山系(日高山脈襟裳国定公園) 811mコース難度 ★ 体力度 ★ イワイソツツジ 今回は、拠所ない事情(雌阿寒岳が第10回とダブっていた・・)で、簡単に表記できる山を御紹介しよう。全ては、ダブリという頼りないミスを訂正する為の筆者の苦渋たる都合という事で・・。 アポイ岳行程図     行程表浦河町市街より車 (0:30)→アポイ岳登山...

... 続きを読む