風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 2011年04月

名峰次選の山々 第19回  毛勝山

名峰次選の山々 第19回  毛勝山

名峰次選の山々 第19回  『149 毛勝山』  富山県 毛勝山系(中部山岳国立公園) 2414m コース難度 ★★★★★  体力度 ★★★★ 暮空に茫洋とたたずむ毛勝山・・    《メインサイトより抜粋》『槍・穂高』、『剱・立山』・『後立山』を擁し、多くの登山者で賑わう北アルプスにも、玄人向けの“未開の山”があるのを御存知であろうか。 それが、今回取り上げる毛勝山 2414メートル である。 この山の頂を踏むに...

... 続きを読む

5月の壁絵です

5月の壁絵です

    トップページ      月に1回、自己満を目一杯に前面に出した写真で飾ります。      5月の風物詩は、水芭蕉ですね・・。 春の光を浴びてほのかに浮き立つ水芭蕉・・妙高高原・イモリ池にて・・   ...

... 続きを読む

No title * by 早川八重子
(*゚∀)ノ.。・:こんにちは*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚
初めまして」、北海道でも水芭蕉が身頃になってますよ。

No title * by 風来梨
早川様、こんばんは。

コメント頂き、ありがとうございます。
北海道の水芭蕉見てみたいなぁ。 雨竜沼湿原や浮島湿原、サロベツ原野、そして春国岱なんかがいいかも・・。

でも、この時期は、オフシーズンでなかなか北海道まで行けないですからね。

文明生活を続ける事のリスク

文明生活を続ける事のリスク

表題をまわりクドイ表現としたが、とどのつまり現代生活の維持には電力というエネルギーが欠かせない状況にあるのだ。 そしてその電力とは、貯め置きの難しいエネルギーなのである。要するに、常に『造る』というか発生させ続けなければならないのだ。そして、その『造る』という行為に、多大なリスクを伴う事も周知の事実だろう。今回の震災で、文明生活を続ける事に欠かせない電力というエネルギーを造り出す事のリスクに直面し...

... 続きを読む

No title * by makirin
人が人として生きて行くために、どれだけの自然が 消えていった、または これからも消え続けるのでしょう。。。

何もない。。。人が存在していない時代が一番この
地球は美しかったに違いないと私は思うのです。

誰が誰をせめる事ができるのか私には正直わかりません、現に今もこうして生活をしているから。。。

だからと言って何もしない訳でもない。。。
政治だけではない
私達を上手く動かしているのは
マスコミもその一つであろうと。。。
私達が民主党を避難すればやれ民主党が。。。自民党を避難すれば自民党が。。。となり。。。上手くおどらされてるのは私達一般の人間だという事です。

自分に何ができるのか。。。判りませんし、大した事はできないかもしれない。。。だけど今回震災時少し私も反省すべき事があったので。。。
自分と言うものはしっかりもって。。。振り回される事がないようにしたいと思っています。

考え方は、それぞれです。何が正しくて何が間違ってるかは個々の判断なのだと思ってます。

いつまでも綺麗な空や自然を撮り続けたい
そう願わずにはいられません。。。

No title * by 風来梨
こんばんは。 コメントを頂き、有難うございます。

民主党が今の1/10でもまともな事をしていたなら、私は文句をいいません。 ですが、酷すぎます。 未だに仮設住宅が500戸(同時期で阪神は7000戸以上)、1800億集まったと言う義援金の配布は1割にも未足らず、中韓の元へと流れている・・との噂もあります。 いったい、民主党はどこの国の政府でしょうか?

こんな政府は、あるだけ害です。 なぜなら、今や民主党発の人災となっているのだから・・。 今も、管の失言による風評で、福島の人が被災地から出られなくなっています。 管は、『日本の一部を除いて安全だ』と言った事が原因の風評被害です。

もはや民主党は、個々の判断を超越した悪害となっています。
日本国を蝕む癌細胞と化した民主党を切除せねば、被災地だけでなく日本全体が死に体と成り得ます。

皆さんの力と声を集めて、この邪悪な癌細胞を切除しましょう。
私の生まれ育った国、日本を守る為に是非ともご協力をお願いしたいです。

名峰百選の山々 第19回  夕張岳

名峰百選の山々 第19回  夕張岳

名峰百選の山々 第19回  『10 夕張岳』 北海道夕張山系(富良野芦別道立自然公園) 1668m コース難度 ★  体力度 ★★ お花畑より望む夕張岳は特異な山容を示している・・ 今回御紹介する夕張岳の魅力は、何といっても花だろう。 ユウバリコザクラ・ユウバリソウ・・など、『ユウバリ』名称のつくこの山の固有種が多いのも特徴の一つだ。 夕張岳の標高1500mから山頂までの登山道は、まさに“花の高原”をめぐ...

... 続きを読む

No title * by オータ
ここは自然保護の世界でも有名な山で、地元山岳会が懸命な活動を続けています。

No title * by 風来梨
夕張岳は、ユウバリコザクラやユウバリソウなど、固有種の花が咲く事で知られていますね。 そして、1600m程度の山とは思えぬほどに植生が豊富な山です。

夕張ヒュッテも山小屋の雰囲気があって良かったですよ。
訪ねたのはだいぶ前の事ですが・・。

日本の滝を訪ねて 第20回  大台・中ノ滝、西ノ滝 その2

日本の滝を訪ねて 第20回  大台・中ノ滝、西ノ滝 その2

日本の滝を訪ねて 第20回  大台・中ノ滝、西ノ滝 その2 そのド迫力にただ呆然と立ちすくむ・・西ノ滝直下にて 前回は大台駐車場から滝見尾根にある展望台までを歩いたが、今回の《その2》では、展望台から滝の直下まで尾根を下ってみようと思う。 だが、前回の区切りとした滝見尾根の展望台までは、まがいなりにも踏跡も明瞭(それでも、道を違えて東ノ滝近くまで下ってしまうオチャメをかます筆者・・)で、身の危...

... 続きを読む

私の訪ねた路線 第17回  小海線

私の訪ねた路線 第17回  小海線

『私の訪ねた路線』 第17回  小海線 〔山梨県・長野県〕 辛うじて“山間鉄道”の雰囲気を出せたかな?甲斐小泉~甲斐大泉 《路線データ》           営業区間と営業キロ                  輸送密度 / 営業係数 (’83)        小淵沢~小諸 78.9km                2362  /   637    《路線史》私鉄の佐久鉄道によって、1919年に小諸~小海が...

... 続きを読む

No title * by makirin
o(^∇^o)(o^∇^)o
いつもながら、お見事な 撮影です。

どれも躍動感のある写真ですね。

感動です。パソコンの画面で見たい(T_T)

No title * by 風来梨
makirin様、こんばんは。

ありがとうございます。 これから夏になりますので、夏山の写真を出していきますね。

No title * by オータ
瑞がき山でしたっけ…ガイドブックの白黒写真でしか知らなかったのです。すごい岩なのですね。ありがとうございます。
別荘ブームや移住ブームで、このあたりはさぞかし喧騒に包まれていることでしょうね。中学生の頃家族で行ったことがありましたが、その頃でもけつこうな賑わいでした。

No title * by 風来梨
オータ様、こんばんは。

瑞牆山は秩父の岩の殿堂と言われてますね。
白く美しい花崗岩でできた岩塔が多く立ち並んでいます。

清里・野辺山に訪れる方は、ほとんど観光バス・マイカーですね。
洋風のパイやソフトクリーム店が立ち並ぶ姿は、旅している気分を殺がれますね。

でも、登りは見た目ほど嶮しくなく、ほとんど鎖場はなかったかと・・。 厳しくないと言っても、最盛期の私から見て・・ですが。
今なら、たぶんヒーヒー言ってるでしょうね。

日本の滝を訪ねて 第19回  大台・中ノ滝、西ノ滝 その1

日本の滝を訪ねて 第19回  大台・中ノ滝、西ノ滝 その1

「日本の滝を訪ねて・・」の第19回目は、我が国第二の落差を誇るという大台・中ノ滝と西ノ滝を御紹介しよう。 西ノ滝と中ノ滝・・ 両雄の揃い踏み 大台・西ノ滝、中ノ滝 おおだい・にしのたき、なかのたき落差 西ノ滝 180m 中ノ滝 250m 奈良県・上北山村  西ノ滝                           中ノ滝   大台ケ原・滝見尾根大台ケ原には、日本第二の落差といわれる《中ノ...

... 続きを読む

オホーツク縦貫鉄道の夢  第11回  根室標津と野付半島

オホーツク縦貫鉄道の夢  第11回  根室標津と野付半島

オホーツク縦貫鉄道の夢  第11回  根室標津と野付半島 今回はオホーツクの流氷を訪ねてみよう オホーツク縦貫鉄道の夢の第11回目は、根室標津から野付半島などのオホーツク海沿いの景勝地を訪ねてみよう。 それでは、標津原野の丘陵をアップダウンでゆく標津線の撮影を終えて、上武佐駅を発つ所から続けよう。 なお、クドイかもしれないが、この項目を語る上での『いつものお約束』であるタイムスケジュールは、今...

... 続きを読む

No title * by オータ
標津線には乗っています。根室標津の駅から海へ行って北方領土を眺めたのですが、釧路沖に台風接近後のため見えませんでした。私もなぜか、中標津で一枚だけ車両を写した写真しかなくて淋しい思いです。

No title * by 風来梨
オータ様が淋しい思いをされているのと同じく、あの頃の私も一つのもの(鉄道写真)にしか目に入らなかったんでしょうね。 私も駅舎の写真とか撮っておけば・・と、この線のあった場所を地図で見る度に・・、他のサイトさんで駅舎の写真を見る度に思います。

でも、写真が好きで流氷の写真に魅せられたから、何とかここで流氷の写真を撮ろう・・と、鉄道以外に目を向ける事ができました。
そして、それが今の私の宝物になっています。

私の訪ねた路線 第16回  東北本線

私の訪ねた路線 第16回  東北本線

『私の訪ねた路線』 第16回東北本線 〔東京都・埼玉県・茨城県・栃木県・福島県・宮城県・岩手県・青森県〕 盛岡駅はおいしいなぁ・・山田線に入る旧国鉄色・キハ52盛岡駅にて 《路線データ》           営業区間と営業キロ                  輸送密度 / 営業係数 (’83)  東京~盛岡・岩切~利府 539.5km              54884  /  1297  盛岡~目時 82.0...

... 続きを読む

No title * by オータ
そんなに乗ったわけではありませんが、かつての客レでしょうか。旧客は乗り損ないましたが、盛岡-青森の12系客車列車の旅をしています。もちろん急行八甲田には、こちらへ移住するまでさんざん世話になっております。

No title * by 風来梨
私の1世代前、1975~1980年あたりが、旧客の全盛期でしたね。
私も、旧客は福知山線などで乗った事あるのみです。

そして、私は最初の北海道からの帰りに十和田号に乗った事があります。 偉大なる直角イスでした。 直角イスって、結構旅情があるんですよね。

名峰次選の山々 第18回  以東岳

名峰次選の山々 第18回  以東岳

名峰次選の山々 第18回  『125 以東岳』  山形県・新潟県 朝日山系(磐梯朝日国立公園) 1771m コース難度 ★★  体力度 ★★★ いぶし銀の魅力を抱く以東岳へ・・     行程表                                               《1日目》 山形駅よりバス (1:35)→宮宿よりタクシー利用 (0:50)→朝日鉱泉 (3:00)→鳥原小屋      (2:00)→...

... 続きを読む

No title * by かずま
おはようございます。
ブログ訪問ありがとうございます。

No title * by 風来梨
かずまさん、こんばんは。

こちらこそ、コメントありがとうございます。