風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > ネームトレイン・乗りたかった列車

『ネームトレイン』 第36回  ぬさまい

『ネームトレイン』 第36回  ぬさまい

『ネームトレイン』 第36回  ぬさまい帯広と釧路を結ぶ区間急行として運行された急行【ぬさまい】※『国鉄急行列車《東日本編》』廣田尚敬 著 より  急行【ぬさまい】 ・・ 1962年4月1日に帯広~釧路を運行する準急列車として運行を開始した列車である。 1962年5月1日に使用車種が気動車に変更され、1966年3月5日には準急制度の改変に伴い、急行列車に格上げされている。市内中央部に架かる観光都市・釧路の象徴である幣舞...

... 続きを読む

『ネームトレイン』 第27回  いなわしろ

『ネームトレイン』 第27回  いなわしろ

『ネームトレイン』 第27回  いなわしろ分割併合を繰り返し普通列車への格下げもあり車両や号数によっても行先が違う難解な列車だった急行【いなわしろ】※『国鉄・急行列車《東日本編》』廣田尚敬 著より  急行【いなわしろ】 ・・準急〔あいづ〕として1959年に仙台~喜多方で運行を開始したのが成り立ちである。 1965年に只見線に入り会津川口(1967年から季節列車として只見駅まで延長)・会津線の会津田島・磐越西線の喜...

... 続きを読む

『ネームトレイン』 第18回  やまのゆ

『ネームトレイン』 第18回  やまのゆ

『ネームトレイン』 第18回  やまのゆ備後落合まで急行【ちどり】と併結されていた急行【やまのゆ】:陰陽急行の【ちどり】に比べて格下の【やまのゆ】には旧型のキハ55が使用される事もあった※『鉄道ジャーナル 1976年6月号』より  急行【やまのゆ】 ・・ 広島から中国地方奥地の湯原温泉や奥津温泉の観光需要を促進する為に、1972年3月から1980年10月まで運転されていた急行列車で、津山~広島を姫新線・芸備線経由で運転...

... 続きを読む

『ネームトレイン』 第9回  いいで

『ネームトレイン』 第9回  いいで

『ネームトレイン』 第9回  いいで憧れのヤマの名のネームトレインで是非とも乗りたかった列車の1つだ※ 写真集『国鉄・急行列車』(山と渓谷社 刊・廣田尚敬 著)より   急行【いいで】 ・・ 毎日運転の定期列車で、東北本線・磐越西線を経由して新潟とを結ぶ列車で、途中、会津若松までの編成3両と新潟までの編成4両の7両編成で運転されていた。 終点新潟には16時24分着で、約7時間半の道のりだった。 東...

... 続きを読む