風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 廃線鉄道・中部、北陸、信越

廃線鉄道  第84回  飯田線・西豊川支線

廃線鉄道  第84回  飯田線・西豊川支線

廃線鉄道  第84回  飯田線・西豊川支線 〔愛知県〕西豊川駅跡線路に沿った空き地が駅舎跡地だろう※ ウィキペディア画像を拝借飯田線・西豊川支線(いいだせん・にしとよかわしせん)は、国鉄(現 JR東海)飯田線の中で唯一あった支線である。 飯田線の南部を保有していた豊川鉄道によって敷設された路線である。 路線敷設の目的は、1939年12月に開設された豊川市内に開設された豊川海軍工廠(海軍直属の軍需工場)への物資...

... 続きを読む

廃線鉄道 第74回 赤谷線

廃線鉄道 第74回 赤谷線

廃線鉄道  第74回  赤谷線 〔新潟県〕路線最終日に運行されたさよなら列車※『消えゆくローカル線40線』より赤谷線(あかたにせん)は、かつて新潟県新発田市の新発田と同市の東赤谷を結んでいた国鉄が運営していた鉄道路線(地方交通線)である。 1980年12月27日に施行された『日本国有鉄道経営再建促進特別措置法』(いわゆる『国鉄再建法』)を受けて、翌年の1981年9月に第1次特定地方交通線に指定され、1984年4月1日に全...

... 続きを読む

No Subject * by hanagon60
国鉄唯一のスイッチバック終着駅、東赤谷へは二度行ったことがあります。
最初は国鉄線乗り潰しの折。やはりスイッチバックということで感激して、当時としては珍しく写真も残しております。

二度目は廃止後の転換バスで。
その時はこの駅が目的ではなく飯豊山登山で東赤谷から歩いて入山しました。まだ廃線趣味がなかったので駅跡はチラと横目で見ただけ。今にして思えば残念なことをしましたねぇ。。
https://hanagon60.blog.fc2.com/blog-entry-640.html

廃線鉄道 第67回 名鉄一宮線、岩倉支線

廃線鉄道 第67回 名鉄一宮線、岩倉支線

廃線鉄道 第67回 名鉄一宮線、岩倉支線 〔愛知県〕道路建設の疎外となる為1964~65年に相次いで廃止となった小牧線の岩倉支線と一宮線※ CBCテレビ『いっぽう』より一宮線(いちのみやせん)は、愛知県岩倉市の岩倉から同県一宮市の東一宮までを結んでいた名鉄の鉄道路線である。 1965年4月25日に路線廃止となっている。1941年までは名古屋市内の柳橋から、枇杷島橋(現・枇杷島分岐点)を経由して岩倉に至る区間も一宮線の区...

... 続きを読む

廃線鉄道 第59回 松本電気鉄道(現 アルピコ交通)・上高地線(末端区間)

廃線鉄道 第59回 松本電気鉄道(現 アルピコ交通)・上高地線(末端区間)

廃線鉄道  第59回  松本電気鉄道(現 アルピコ交通)・上高地線(末端区間)〔長野県〕1986年の架線昇圧時に全車廃車となり新島々の構内留置線として数十m残された廃止区間に放置されたモハ10形※ ウィキペディア画像を拝借松本電気鉄道(現 アルピコ交通)・上高地線(まつもとでんきてつどう・かみこうちせん)は、長野県松本市の松本駅から同市(かつては東筑摩郡波田町)の新島々駅までを結ぶアルピコ交通の鉄道路線である...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
昔鉄道だったところが採算が合わなくなり廃線、バス路線に切り替わったケースは多いですね。バスの方が費用が掛からないんでしょうね。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんにちは。

歴史的観点からすると鉄道が筏で木材などを運ぶ水運を滅ぼしたように、また人力・馬力・牛力で北海道などの大規模開拓を成し得たのと同じく、鉄道はコスト・利便性の面で陸送(トラック)に敵わないようになりました。 要するに、「とにかく大量に、一方向に速く運べばいい」から、「家の前に届けて欲しい」やら「費用をかけないで運んで欲しい」に需要が変った時から鉄道は衰退し始めましたと思いますね。

そして、「とにかく大量に、一方向に速く運べばいい」という鉄道のニーズに適って利益を上げれる項目のシンカンセンも、東海道・山陽・東北・上越以外は思うように利益を上げれない事が判明してきました。 でも、政府は何も考えずに、国策で北海道やら北陸・九州の末端と、不要な所にもシンカンセンを敷いて更に自らの首を絞めてます。

そして、その赤字のツケを在来線のせいにした事から、鉄道そのものが淘汰され始めているのが、路線の廃止問題ですね。
そしてバスは、鉄道よりもドライで、客がいなければ即運行廃止されるので、地方はますます僻地化が進行されかねませんね。 

廃線鉄道 第52回 名鉄・起線

廃線鉄道 第52回 名鉄・起線

廃線鉄道  第52回  名鉄・起線 〔愛知県〕尾西線の昇圧に伴って新一宮駅への乗り入れが廃止となり運行休止となる半年後まで路線バスと併用運転となっていた※ ウィキペディア画像を拝借名鉄・起線(おこしせん)とは、愛知県一宮市の新一宮駅(廃止直前は八幡町駅)から愛知県中島郡起町(後に尾西市を経て現・一宮市)の起駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の軌道線(路面電車)である。1953年6月に運行休止となった後、...

... 続きを読む

No Subject * by ねむろ大喜
懐かしい風景^^)

Re: No Subject * by  風来梨
ねむろ大喜さん、こんばんは。

ほんと、古き良き時代ですね。
この頃の方が、人間らしい暮らしだったかも。

廃線鉄道 第45回 名鉄・小坂井支線

廃線鉄道 第45回 名鉄・小坂井支線

廃線鉄道  第45回  名鉄・小坂井支線 〔愛知県〕営業当時の小坂井駅ホーム手前が豊川鉄道で奥が愛知電気鉄道※ ウィキペディア画像を拝借小坂井支線(こざかいしせん)とは、愛知県宝飯郡小坂井町(現・豊川市)の伊奈駅から同県同郡同町の小坂井駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。廃止時は支線格だったが路線開業は豊橋到達より早く複線電化されていた※ ウィキペディア画像を拝借開業時は、全線複線だ...

... 続きを読む

廃線鉄道 第37回 名鉄・瀬戸線(お壕区間)

廃線鉄道 第37回 名鉄・瀬戸線(お壕区間)

廃線鉄道  第37回  名鉄・瀬戸線(お壕区間)〔愛知県〕名古屋城の外堀の外郭をr60の急カーブで曲る通称『お壕区間』をゆく名鉄電車※ 名鉄のウェブサイト『名鉄資料館』より名鉄瀬戸線・お壕区間(せとせん・おほりくかん)は、かつて愛知県名古屋市北区清水にある名鉄・瀬戸線の清水駅から、愛知県名古屋市中区の名古屋城外堀の南西隅部、景雲橋小園(けいうんばしこぞの)の北側にあった堀川駅までを結んでいた路線である。...

... 続きを読む

廃線鉄道 第28回 名鉄・福岡線、岡崎市内線、挙母線

廃線鉄道 第28回 名鉄・福岡線、岡崎市内線、挙母線

廃線鉄道  第28回  名鉄・福岡線、岡崎市内線、挙母線 〔愛知県〕岡崎市内線の最終日に運行された花電車※ ウィキペディア画像を拝借名鉄・岡崎市内線(おかざきしないせん)は、愛知県岡崎市内の岡崎駅前と岡崎井田を結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の軌道線〔路面電車〕である。 便宜的には福岡線(ふくおかせん)の福岡町〜岡崎駅前及び、挙母線(ころもせん)の岡崎井田〜大樹寺間を含む福岡町〜大樹寺の区間を指す。全身...

... 続きを読む

廃線鉄道 第20回 名鉄平坂支線

廃線鉄道 第20回 名鉄平坂支線

廃線鉄道  第20回  名鉄平坂支線 〔愛知県〕在りし日の名鉄平坂支線・湊町駅※ 名古屋鉄道・名鉄資料館ウェブサイトより平坂支線(へいさかしせん)は、かつて愛知県西尾市の西尾駅から港前駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。 すでに西尾~岡崎新間(初代西尾線)を営業していた西尾鉄道によって1914年に開業した。 第二次大戦中は沿線にある軍需工場への輸送があり運行休止を免れたが、古い設備の更...

... 続きを読む

廃線鉄道 第13回 名鉄三河線・海線区間

廃線鉄道 第13回 名鉄三河線・海線区間

廃線鉄道  第13回  名鉄三河線・海線区間 〔愛知県〕レールバス化などの経費削減策及ばず三河線・海線区間の碧南~吉良吉田は2004年4月に路線廃止となった※ ウィキペディア画像を拝借三河線(みかわせん)は、愛知県豊田市の猿投駅から愛知県碧南市の碧南駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線であるが、かつては現在の北側の終着駅である猿投駅の先が西中金駅まで、反対の南側の終着駅である碧南駅の先は吉良吉田駅まで...

... 続きを読む

No Subject * by ガーゴイル
西尾駅から西の線路と吉良吉田駅から西に線路がないのは吉良吉田駅から西の線路が蜆川から東の区間が国道247号線よりずっと南を通る経路でないからであって常滑駅に東からの線路を建設するのは半田駅と知多半田駅の経由にすべきであって吉良吉田駅から西の線路と半田駅と知多半田駅の経由の線路を接続すべきである。

Re: No Subject * by  風来梨
ガーゴイルさん。 こんばんは。
コメントを頂き、有難うございます。