風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 路線の思い出

『路線の思い出』   第496回  信越本線・青海川駅

『路線の思い出』   第496回  信越本線・青海川駅

『路線の思い出』  第496回  信越本線・青海川駅 〔新潟県〕海に最も近い駅であまり海の思い出がなかったりする《路線データ》       営業区間と営業キロ           輸送密度 / 営業係数(’15)           高崎~横川   29.7km          7895 /  161             篠ノ井~長野   9.3km          直江津~新潟  136.3km           ...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第495回  日高本線(未成線)・襟裳岬駅予定地

『路線の思い出』   第495回  日高本線(未成線)・襟裳岬駅予定地

『路線の思い出』  第495回  日高本線(未成線)・襟裳岬駅予定地 〔北海道〕岩礁が沖まで続く絶景を魅せる襟裳岬《路線データ》    営業区間と営業キロ                 輸送密度 / 営業係数(’20)   苫小牧~鵡川 30.5km                       95  /   1531                               ※ 苫小牧~様似の数値    ...

... 続きを読む

通算3000拍手 御礼 * by 風来梨
3年以上かかって、ようやく3000拍手(Yahoo!ブログ時はナイス)をクリアしますた。 平均すると年で1000も無かったりして。 でも、多い所だと、3000拍手なんて1ヶ月もかからずクリアする数値みたいで・・。 

アクセス数に比べて拍手が異常に少ない理由は、「本当の事だけど遠慮ナシに完膚なきまでに指摘糾弾する」ワテの嫌われる性質だと判りきってるし、今更この性質は変えられないので致し方ありませんね。

だけど、記事内容には一定の期待を持たれているようで、アクセス数だけはそれなりに多いみたいで。 FC2に移って3年3ヶ月で20万アクセスだしィ。

それでは、間もなく通算35万アクセス(残りあと750足らず)もクリアするので、クリアしたらanniversary記事おばアップしようかと。 たぶん、27日頃かと。

『路線の思い出』   第494回  三江線・江平駅

『路線の思い出』   第494回  三江線・江平駅

『路線の思い出』  第494回  三江線・江平駅 〔島根県〕『江ノ川に沿った棒線無人駅』の江平駅:作木口駅と全く同じ構造だが駅周辺は川向こうの広島県側は無人地帯で駅のある島根県側に数件の民家があるのみだった※ ウィキペディア画像を拝借《路線データ》       営業区間と営業キロ       輸送密度 / 営業係数(’16)          江津~三次 108.1km        46  /   1109     ...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第493回  東海道本線、樽見鉄道、養老鉄道・大垣駅

『路線の思い出』   第493回  東海道本線、樽見鉄道、養老鉄道・大垣駅

『路線の思い出』  第493回  東海道本線、樽見鉄道、養老鉄道・大垣駅 〔岐阜県〕稚内駅よりも根室駅よりも鹿児島中央駅よりも遠かった大垣駅の駅改札口※ ウィキペディア画像を拝借《路線データ》東海道本線       営業区間と営業キロ                   輸送密度 / 営業係数(’15)         東京~神戸・大垣~美濃赤坂           ...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第492回  奥羽本線・峠駅

『路線の思い出』   第492回  奥羽本線・峠駅

『路線の思い出』  第492回  奥羽本線・峠駅 〔山形県〕最後の放浪の時に大朝日岳の天気待ちの沈殿で米沢~熱塩をウロウロした際に立ち寄って撮ってたみたい《路線データ》    営業区間と営業キロ              輸送密度 / 営業係数(’15)   福島~青森 484.5km               5140  /   156運行本数('22)         山形新幹線【つばさ】福島~山形 上下とも16本づつ ...

... 続きを読む

No Subject * by hanagon60
初めて峠駅を通った時はまだ4駅連続スイッチバック時代。もちろん各駅停車で旅したのですが、例によって写真が全くありません😢
その後仙台赴任時代に峠駅も滑川大滝も何度か訪れる事ができ、心の閊えが取れました。

峠駅にはまだ引上線の線路が残っていました。
https://hanagon60.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

初めて滑川大滝に行ったときは雪どけ時期で衝撃の大水量でした。
https://hanagon60.blog.fc2.com/blog-entry-274.html

その夏、平水になって滑川大滝共々この大滝沢も遡行できました。
https://hanagon60.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

私が訪れた時は、記事でも記したようにシンカンセンの開業から1年後の、スイッチバックが廃止となって1年後の、最も峠駅から『鉄』が遠ざかっていた時期で、『鉄』を含めて誰もいませんでした。 もちろん、スイッチバック跡は放置ブレイでしたね。

それと滑川大滝は、沢の縁を沢にハマるのを恐れながら伝ったのみで、写真もフォトショップを使ってやっと判別できるのが撮れたのみです。

あの沢の縁歩きの困難から、吾妻の明月湖からなめりかわへ下るルートを諦めた記憶があります、 当時は『奇跡の体力」だったものの、運動神経並びに身体能力は極めつけの運痴でしたので。 つまり体力以外は人並みよりはるか下でしたから。

滑川大滝は、百名滝では双門の滝、御来光の滝、茶釜の滝に続く困難滝ですね。 早戸大滝よりもキツいですね。 ちなみに、双門の滝以外に上げた3つの滝では、全てルートを間違えてオチャメりました。  


『路線の思い出』   第491回  宗谷本線・豊富駅

『路線の思い出』   第491回  宗谷本線・豊富駅

『路線の思い出』  第491回  宗谷本線・豊富駅 〔北海道〕隣にある町の観光センターの簡易委託駅となっているが実質は完全な無人駅の豊富駅※ ウィキペディア画像を拝借《路線データ》       営業区間と営業キロ            輸送密度 / 営業係数(’15)      旭川~稚内 259.4km             746  /  489         運行本数〔豊富駅発着列車〕(’22)      札...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第490回  山陰本線・小串駅

『路線の思い出』   第490回  山陰本線・小串駅

『路線の思い出』  第490回  山陰本線・小串駅 〔山口県〕海辺の小さな町の長閑な駅だった《路線データ》       営業区間と営業キロ                  輸送密度 / 営業係数(’15)          京都~幡生・長門市~仙崎 677.6km           4785  /   309長門市~下関 運行本数     長門市~小串   上下とも1~2時間毎...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第489回  予讃本線(長浜経由)・串駅

『路線の思い出』   第489回  予讃本線(長浜経由)・串駅

『路線の思い出』  第489回  予讃本線(長浜経由)・串駅 〔愛媛県〕ワテの四国の秘境駅はド最低クラスの駅だった※ ウィキペディア画像を拝借《路線データ》予讃本線      営業区間と営業キロ         輸送密度 / 営業係数(’15)    高松~宇和島 297.5km         6471  /  124 向井原~内子・新谷~伊予大洲 39.4km串駅発着列車・運行本数(’22)下り9本、上り9本※ 特急【宇和海】...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第488回  白糠線・上茶路駅跡

『路線の思い出』   第488回  白糠線・上茶路駅跡

『路線の思い出』  第488回  白糠線・上茶路駅跡 〔北海道〕40年近くの時をかけて自然に還ろうとする上茶路駅ホーム《路線データ》      営業区間と営業キロ         輸送密度(’79) / 営業係数(’83)           白糠~北進 33.1km              123  /  3077                  廃止年月日        転換処置        廃止時運行本数   ...

... 続きを読む

『路線の思い出』   第487回  日豊本線・別府駅

『路線の思い出』   第487回  日豊本線・別府駅

『路線の思い出』  第487回  日豊本線・別府駅 〔大分県〕別府駅のメインとなる駅海岸口:我が国を代表する温泉駅・別府には観光利便とは相反する弱点があった※ ウィキペディア画像を拝借《路線データ》     営業区間と営業キロ           輸送密度 / 営業係数(’15)           小倉~鹿児島  462.6km          9497  /  115運行本数別府駅発着列車下り(大分方面)普通 毎...

... 続きを読む