風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > よも”ヤマ”話

よも”ヤマ”話  第112話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その2 (七ッ沼カールへ)

よも”ヤマ”話  第112話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その2 (七ッ沼カールへ)

よも”ヤマ”話  第112話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その2 (七ッ沼カールへ) 〔北海道〕  '95・7我が国屈指の絶景へ・・  日高山脈 ひだかさんみゃく (日高山脈襟裳国定公園)北海道の山も、近年ではかなりオープンとなってきた。 しかし、この日高山系だけは原始の姿を多くとどめていて、登山道はおろか未だ踏跡さえない山もあり、素人登山を決して受け付けない厳しさがある。だが、原始の山とは、大いに征...

... 続きを読む

No Subject * by さゆうさん
こんばんは。
素敵な山の絵と高山植物の数々ワクワクしながら観させて頂きました。
今日は訪問ありがとうございます。
とても嬉しかったです。

Re: No Subject * by  風来梨
さゆうさん、こんばんは。

ようこそ、おいで下さいました。
風景写真の第一任者のさゆうさんに見て頂いて嬉しい限りです。

25年ぐらい前の頃はこのようにハード山行ができたのですが、今は到底無理で、若きあの頃を思い出してワクワクしながら書いてます(笑)。

さゆうさんのブログの写真には、いつも魅せられます。 さゆうさんの記事を見て、冬のコッタロ湿原の撮影旅を計画している私です。

コメントを頂き、有難うございました。

No Subject * by 根室大喜
堪能いたしました^^)

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

堪能頂いてなによりです。 でも、もう一回続きます。 山行を挟みますので、この続きのアップは8/12以降です。 宜しなに~。

よも”ヤマ”話  第111話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その1 (幌尻岳)

よも”ヤマ”話  第111話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その1 (幌尻岳)

よも”ヤマ”話  第111話  幌尻・七ッ沼・戸蔦別 その1 (幌尻岳)〔北海道〕 '95・7 日高・幌尻岳 2052m(2度目の登頂)七ッ沼カールより見上げる日高の盟主・幌尻岳  日高山脈 ひだかさんみゃく (日高山脈襟裳国定公園)北海道の山も、近年ではかなりオープンとなってきた。 しかし、この日高山系だけは原始の姿を多くとどめていて、登山道はおろか未だ踏跡さえない山もあり、素人登山を決して受け付けない厳しさが...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
サウナテントを担いで登頂でサウナに入り、外で涼む人があるらしい^^)

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

世の中、いろいろいますからね。
地球一周のサイクリング野郎で、九州・鹿児島の開聞岳(標高922m)を自転車(愛車)を担いで登った奴なら知ってますが・・。

よも”ヤマ”話  第110話  夕張岳

よも”ヤマ”話  第110話  夕張岳

よも”ヤマ”話  第110話  夕張岳 〔北海道〕 '95・7 夕張岳 1668m【名峰百選 46峰目】夕張岳の広大なお花畑がチシマフウロの淡い紫に染まって  夕張山地 ゆうばりさんち(富良野芦別道立自然公園)夕張山地は、富良野盆地の西にそびえ立つ非火山性の構造山塊である。 この山地で景観に優れているのは、最高峰の芦別岳 1727メートル、夕張岳 1668メートル の両主峰であろう。 芦別岳は切り立った岩稜を備...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
以前夕張を訪れた際、観光地に行ったら駐車料金を取ろうとバイト学生らしき人が走ってきました。ガツガツした感じで、、、この町はアカンなと思いましたよ。観光資源を大切にしないのは根室も同じですがね。<;アホか?

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

夕張市の勘違いは、観光客を呼び込むにも金がかかるって事を置き去りにしてる事ですね。

だから、三弦橋のように石炭の歴史を示す観光資源をダム湖に沈めたり、ホテルなんかを利用せずに安くあげようとする旅の客の為の施設・銭湯を風呂釜が壊れたまま閉鎖放置したり、あの有名な『幸福の黄色いハンカチ』の記念広場も冬は雪に埋もれたまま放置したり・・と。

鉄道も使い方次第では、冬など安全に夕張へ観光客を運べる手段となるのに・・、そして『鉄』目当て←(コレ結構大きな需要です)の来訪者の芽も、鉄道廃止で拒絶しちゃいましたし。

財政赤字で、観光客誘致がなんたるかを完全忘れてますね。

コリャ、ダメだ(呆)。

よも”ヤマ”話  第109話  雨竜沼湿原から南暑寒別岳

よも”ヤマ”話  第109話  雨竜沼湿原から南暑寒別岳

よも”ヤマ”話  第109話  雨竜沼湿原から南暑寒別岳 〔北海道〕 '95・7南暑寒別岳 1296m2度目の訪問は小雨交じりで展望はダメだったものの満開のエゾカンゾウが大地を黄色く染め上げていた   雨竜沼湿原 うりゅうぬましつげん (暑寒別天売焼尻国定公園)『北海道の尾瀬』と呼ばれる雨竜沼湿原は、6月から9月にかけて色々な花が咲き競い壮観だ。雪解けと共に花開くミズバショウに始まって、イワイチョウ・シナノキンバ...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
エゾカンゾウの写真でも撮りに行くかな^^)ついでにトリカブトも採取してくるかな

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

> エゾカンゾウの写真でも撮りに行くかな^^)

エゾカンゾウはどちらに? 春国岱ですか、それとも霧多布、納沙布岬も咲いてそうですね。
北海道に行きたくなったなぁ。

それと、トリカブトは毒花なので気を付けて。

よも”ヤマ”話  第108話  狩場山

よも”ヤマ”話  第108話  狩場山

よも”ヤマ”話  第108話  狩場山 〔北海道〕 '95・7狩場山 1520m【名峰百選 45峰目】、東狩場山 1319m夜明け空に浮かぶ狩場山  狩場山 かりばさん (狩場茂津多道立自然公園)北海道でも、比較的無視されがちな道南の日本海側。 でも、この地域にも“花の山”があるのだ。それが、この狩場山 1520メートル である。 この山系は夏になると、エゾノハクサンイチゲ・アオノツガザクラなど白色系の花が辺り一面に...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第107話  乗鞍岳

よも”ヤマ”話  第107話  乗鞍岳

よも”ヤマ”話  第107話  乗鞍岳 〔岐阜県・長野県〕 '95・7乗鞍岳 3026m【名峰百選 44峰目】、乗鞍・大日岳 3014m、乗鞍・屏風岳 2968m、乗鞍・朝日岳 2975m、乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰と次鋒・大日岳の揃い踏み  乗鞍岳 のりくらたけ (中部山岳国立公園)我が国に遍く3000m峰の中で最も手軽に頂点に立てる峰は、この乗鞍岳 3026メートル である。それは、観光道路の《乗鞍スカイライン》の充実であろう。この...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第106話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その5

よも”ヤマ”話  第106話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その5

よも”ヤマ”話  第106話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その4 三伏沢~塩川へ下山 〔長野県・静岡県〕 '94・8塩見岳(西峰) 3052m【名峰百選 43峰目】、塩見岳(東峰) 3047m、本谷山 2658m、夜明け空にシルエットを魅せる塩見岳  三伏峠・三伏沢 さんぷくとうげ・さんぷくさわ (南アルプス国立公園)三伏峠(さんぷくとうげ)は赤石山脈にある峠で、地名を『峠』と呼称する所では日本最高所(標高2,580m)である。 塩...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第105話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その4

よも”ヤマ”話  第105話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その4

よも”ヤマ”話  第105話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その4 塩見岳 〔長野県・静岡県〕 '94・8安倍荒倉岳 2693m、北荒川岳 2698m、北俣岳 2940m、塩見岳(西峰) 3052m【名峰百選 43峰目】、塩見岳(東峰) 3047m、塩見岳と背後にそびえる荒川三山:この仙塩尾根を通す稜線上は南アの北部と南部を渡す縦走路となっている  塩見岳・蝙蝠岳 しおみたけ・こうもりたけ (南アルプス国立公園)南北に標高3000mを越える...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第104話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その3

よも”ヤマ”話  第104話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その3

よも”ヤマ”話  第104話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その3 農鳥岳 〔山梨県・静岡県〕 '94・8西農取岳 3051m、農鳥岳 3026m【名峰百選 42峰目】農鳥岳から望むデカい間ノ岳とスラリとした三角錐の北岳   白峰三山 しらみねさんざん (南アルプス国立公園)南アルプスの北部には、北岳 3192メートル ・間ノ岳 3189メートル ・農鳥岳 3026メートル と、ひときわ高い峰が連なっている。 この3つの峰は、『白...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
読んだり見たりしてるうちにゼーゼーと肩で息をするようになり、イタタタと全身に痛みを感じるようになりました。美しい山々を直に見るためには苦労が多そうですね^^)

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

私の場合、(自分の書いた若き日々の山の記事)を読んだり、見たりしたその翌朝の枕が、若き日の懐古の情で涙で濡れています。 

よも”ヤマ”話  第103話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その2

よも”ヤマ”話  第103話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その2

よも”ヤマ”話  第103話  白峰三山・塩見岳 大縦走 その2 間ノ岳 〔山梨県・静岡県〕 '94・8中白峰 3055m(2度目の登頂)、間ノ岳 3189m(2度目の登頂)朝の光を浴びて輝く中白峰・間ノ岳と黒光りする今回のターゲット峰・農鳥岳   白峰三山 しらみねさんざん (南アルプス国立公園)南アルプスの北部には、北岳 3192メートル ・間ノ岳 3189メートル ・農鳥岳 3026メートル と、ひときわ高い峰が連なってい...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
御来光、神々しいですね。山は本当に良い。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

1日の始まりと終わりに陽の光が最大に魅せるイベントが、サンライズとサンセットですね。 陽の光が出会いと一時の別れを魅る者の記憶に植えつける為に、最大限に魅せてくれますね。 この陽の光のイベントを、最も魅せられる場所で望む幸せを感じますね。