風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > よも”ヤマ”話

よも”ヤマ”話  第87話  日高・幌尻岳 その2

よも”ヤマ”話  第87話  日高・幌尻岳 その2

よも”ヤマ”話 第87話 日高・幌尻岳 その2 《幌尻山荘~幌尻山域周回~下山》〔北海道〕'94・7日高・幌尻岳 2052m【名峰百選 36峰目】、戸蔦別岳 1959m〔名峰次選 23峰目〕花の器・七ッ沼カールの絶景  日高山脈 ひだかさんみゃく (日高山脈襟裳国定公園)北海道の山も、近年ではかなりオープンとなってきた。 しかし、この日高山系だけは原始の姿を多くとどめていて、登山道はおろか未だ踏跡さえない山もあり、素...

... 続きを読む

No Subject * by ●kuromaru
こんばんは。
日高の山々は憧れですが、時間も体力もない自分には行ける気がしません。
なんとかチャレンジはしてみたいのですが…

No Subject * by 根室大喜
山は遠きにありて思うもの^^)近くの温泉につかろうと、決して登るものではあるまじき。あけおめ

Re: No Subject * by  風来梨
●さん、こんばんは。

> こんばんは。
> 日高の山々は憧れですが、時間も体力もない自分には行ける気がしません。
> なんとかチャレンジはしてみたいのですが…

私も若き体力があり、意思を持てば何でもできた気がした頃に行っといて良かったです。 普通の人では真逆な考え方のイソップ童話の『アリとキリギリス』のキリギリスの生き方・・、若き日に遊んで遊びまくるというのを是にして生きてきて良かったと思います。 まぁ、モノには限度がありますが。

裕福に老いても、老いて思うように動かない身体で、「若き日にあれをやっておきたかったなぁ」と嘆くアリの生き方はしたくないと思いましたね。

だから、今がラストスパートです。 へばりながらも、昔のブリバリをして『オチャメ』なブログネタを生み出しています。

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

> 山は遠きにありて思うもの^^)近くの温泉につかろうと、決して登るものではあるまじき。あけおめ


根室大喜さん、「ことよろ」です。 温泉の富士の壁画めぐりも、山めぐりです。 自分にあったヤマを追う旅も楽しいですね。

よも”ヤマ”話  第86話  日高・幌尻岳 その1

よも”ヤマ”話  第86話  日高・幌尻岳 その1

よも”ヤマ”話  第86話  日高・幌尻岳 その1 《アプローチ~北電ゲート~幌尻山荘》〔北海道〕'94・7戸蔦別岳より望む日高の盟主・幌尻岳と地上の楽園・七ッ沼カール  日高山脈 ひだかさんみゃく (日高山脈襟裳国定公園)北海道の山も、近年ではかなりオープンとなってきた。 しかし、この日高山系だけは原始の姿を多くとどめていて、登山道はおろか未だ踏跡さえない山もあり、素人登山を決して受け付けない厳しさがあ...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第85話  丸山遠見

よも”ヤマ”話  第85話  丸山遠見

よも”ヤマ”話  第85話  丸山遠見 〔北海道〕 '94・7  丸山遠見 327m頂上丘には立派な展望塔楼が建っているだが老朽化で現在は立入禁止との事※ 苫小牧の森林管理局のウェブサイトより  丸山遠見望楼 ・・ 望楼前に立てられた案内板より丸山遠見は樽前山があたかも大鳥が翼を拡げるように穏やかな傾斜を見せて、太平洋に接するほぼ中間に位置する標高三二一メートルの小丘陵です。 この地域一帯の森林は、昭和二九年...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第84話  鹿島槍~五竜岳縦走 その3

よも”ヤマ”話  第84話  鹿島槍~五竜岳縦走 その3

よも”ヤマ”話  第84話  鹿島槍~五竜岳縦走 その3 《鹿島槍ヶ岳~五竜岳~下山》〔長野県・富山県〕'94・7  鹿島槍ヶ岳・南峰 2890m【名峰百選 35峰目】、鹿島槍ヶ岳・北峰 2842m 、五竜岳 2814m 、白岳 2541m 、西遠見山 2268m 、大遠見山 2106m 、中遠見山 2037m 、小遠見山 2007m (五竜岳~小遠見山はいずれも二度目の登頂)記事の写真のトップに別の時に登った写真を貼りつける程に写真を撮っ...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
鹿島槍ヶ岳から見た雲海、壮観ですね。キレット小屋、秘密基地みたいです。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 鹿島槍ヶ岳から見た雲海、壮観ですね。キレット小屋、秘密基地みたいです。

そのキレツト小屋のテラスの長椅子の上で寝てしまって、起き上った時は正午を回っていて心底焦った!というのが今回の『オチャメ』ですね。

ヤマへ行くと、必ず『オチャメ』ります。 その内容は最大は『そー○ん』から『滑落』、『沢に流される』、『骨折』、『火傷』、『道迷いでヘリを呼ばれる』、『遭難フラグをおっ立てる』、『派手な逆転トライ(転倒)を決める』など、ドン引きする笑いを提供しています。

それを恥もなくネタにしているのが、この我が「山行史」の『よも“ヤマ”話』です。

よも”ヤマ”話  第83話  鹿島槍~五竜岳縦走 その2

よも”ヤマ”話  第83話  鹿島槍~五竜岳縦走 その2

よも”ヤマ”話  第83話  鹿島槍~五竜岳縦走 その2 《冷池山荘~鹿島槍ヶ岳》〔長野県・富山県〕 '94・7 布引山 2683m、鹿島槍ヶ岳・南峰 2890m【名峰百選 35峰目】稜線上から望む鹿島槍は優雅な稜線の弧を描く優しい姿の双耳峰だ  後立山連峰 うしろたてやまれんぽう (中部山岳国立公園)秀峰・白馬岳を盟主とした後立山連峰は個性的で優れた山容を持つ名峰が多く、人気・魅力とも北アルプスではトップクラスで...

... 続きを読む

風来梨さま♪ * by mt minnie
冷池山荘のテント場ちょっと上ですね、夕景は素晴らしいです
冷池から五竜山荘までキレット小屋超えて行かれたのですね凄いですね。
Minnieたちは冷池山荘から鹿島槍南峰へ行きその日のうちに
扇島へ下山しました。
五竜岳は、テレキャビンで大遠見、五竜小屋から登りました。夏休みで混んでいました、お花畑はキレイでした。


Re: 風来梨さま♪ * by  風来梨
mt minnieさん、こんばんは。

> 冷池山荘のテント場ちょっと上ですね、夕景は素晴らしいです
> 冷池から五竜山荘までキレット小屋超えて行かれたのですね凄いですね。
> Minnieたちは冷池山荘から鹿島槍南峰へ行きその日のうちに
> 扇島へ下山しました。
> 五竜岳は、テレキャビンで大遠見、五竜小屋から登りました。夏休みで混んでいました、お花畑はキレイでした。

この秋に種池山荘から鹿島槍へ往復した(前日は台風の為に山荘泊まり、翌日は種池でテント)時に冷池のテント場をみました。 アレはトイレにいくのがしんどいですね。 種池のテント場は、小屋まで50メートルほどで使い手が良かったです。

実は、この秋の鹿島槍山行も記事の山行以来、四半世紀ぶりに五竜までの縦走を狙ったのですが、初日に台風にあてられて来年回しとなりました。

よも”ヤマ”話  第82話  鹿島槍~五竜岳縦走 その1

よも”ヤマ”話  第82話  鹿島槍~五竜岳縦走 その1

よも”ヤマ”話  第82話  鹿島槍~五竜岳縦走 その1 《扇沢~冷池山荘》〔長野県・富山県〕 '94・7  爺ヶ岳 2670m湧き立つガスが掛かって神秘的な姿を魅せる鹿島槍ヶ岳  後立山連峰 うしろたてやまれんぽう (中部山岳国立公園)秀峰・白馬岳を盟主とした後立山連峰は個性的で優れた山容を持つ名峰が多く、人気・魅力とも北アルプスではトップクラスである。大雪渓と広大なお花畑を擁する盟主・白馬岳 2932メートル...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
岩場をよじ登り山頂から下界を眺めた時感動したことがあります^^)何十年も前のことですが

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんにちは。

> 岩場をよじ登り山頂から下界を眺めた時感動したことがあります^^)何十年も前のことですが

ヤマに登る原動力って、真にコレなんですよね。 頂にたどり着くまでの困難が、上での喜びを何倍にも増加させます。 でも、今はヘタって足の踏ん張りが利かなくなって、下りは登りより嫌になってます。

風来梨さま♪ * by mt minnie
こんばんは:-))
種池山荘まではあまり眺望楽しめなくて花も少なかった
と思います。種池山荘からは眺望もい良くて稚児車など
花穂が風の揺れて、眺望の良い尾根道ですね(^^)/

Re: 風来梨さま♪ * by  風来梨
mt minnieさん、こんばんは。

> こんばんは:-))
> 種池山荘まではあまり眺望楽しめなくて花も少なかった
> と思います。種池山荘からは眺望もい良くて稚児車など
> 花穂が風の揺れて、眺望の良い尾根道ですね(^^)/


この秋にも鹿島槍に行ってきましたが、種池山荘から爺ヶ岳に上がる稜線上から望む鹿島槍は優雅な山容を魅せてますね。
紅葉の山と剱の姿もいいですよ。

No Subject * by hanagon
鹿島槍は名前も姿もカッコいいですね~
私も扇沢から鹿島槍、五竜を越えて八方尾根下ったことありますが、冷池山荘からずっとガスであまり堪能出来なかった記憶があります。
急行「ちくま」はよくお世話になりました。

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

> 鹿島槍は名前も姿もカッコいいですね~
> 私も扇沢から鹿島槍、五竜を越えて八方尾根下ったことありますが、冷池山荘からずっとガスであまり堪能出来なかった記憶があります。
> 急行「ちくま」はよくお世話になりました。

鹿島槍に登った時は、鹿島槍頂上では天気に恵まれていますね。 でも、必ず『オチャメ』ります。 この時はキレット小屋のテラスで昼寝をしてしまって、五竜山荘に着いたのは5時過ぎになってしまいました。 この頃は体力があったので3時間寝ても5時に着きましたが、ヘタレた今なら確実に途中ビバークものですね。

春山に行った時は、遅いのにライチョウの撮影に時間を割いてしまって、冷池山荘まで日が暮れて真っ暗になった中ををカンテラを点けて歩くハメになり、着いた山荘では優しく『ドヤされ』ました。

で、今回の愛生は、登りの日で台風に遭って種池山荘に駆け込み、当初計画していたこの記事以来の四半世紀ぶりの鹿島槍~五竜の縦走は断念とあいなりました。 翌日は台風一過の快晴だったので、勿体なかったですね。

急行【だいせん】、【きたぐに】、【ちくま】よ・・、山ノボラーの強い要望を受けて復活!して欲しいなぁ。(溜息)

よも”ヤマ”話  第81話 御岳山

よも”ヤマ”話  第81話 御岳山

よも”ヤマ”話  第81話  御岳山 〔長野県・岐阜県〕 '94・7御岳山 3067m【名峰百選 34峰目】御岳山本峰とコバルトブルーの水を湛える二ノ池   御岳山 おんたけさん (御岳山県立自然公園)長野・岐阜県境にそびえる御岳山 3067メートル は、裾野を広げた美しい姿のコニーデ型火山である。 1979年に急に爆発噴火して人々を驚かせたが、今は休止中。 しかし、この活動を期に、『死火山』という言葉は意味をなくして...

... 続きを読む

こんばんは!! * by mt minnie
御嶽山は噴火前2010年ころ田ノ原より登りました!!
青い空と、美しい池ですね、神奈川から金曜日の夜走り、朝から登って来ました11時頃には下って王滝の小屋でお蕎麦食べていたから、噴火があっても助かったかも知れません。御嶽山の思い出は美しい山です。
荒涼としているようですね:-))

Re: こんばんは!! * by  風来梨
mt minnieさん、こんばんは。

> 御嶽山は噴火前2010年ころ田ノ原より登りました!!
> 青い空と、美しい池ですね、神奈川から金曜日の夜走り、朝から登って来ました11時頃には下って王滝の小屋でお蕎麦食べていたから、噴火があっても助かったかも知れません。御嶽山の思い出は美しい山です。
> 荒涼としているようですね:-))

私が登ったのは、はるか前の1994年の夏ですね。 この時は確か、大滝頂上で小規模の噴火があって、死火山とされた御岳山が
見直された時だったかと思います。 そして、あの噴火事故の時は、富士山の頂上にいました。 他の登山者のラジオで御岳山の噴火を知りました。 その時は、富士山の頂上にいる皆が「いつもの小噴火程度」と思ってましたが、帰ってから重大事故になっていることを知りました。

予想できない事が一番怖いですね。

よも”ヤマ”話  第80話 栃尾辻

よも”ヤマ”話  第80話 栃尾辻

よも”ヤマ”話  第80話  栃尾辻 〔奈良県〕 ’93・12~'94・1恐らく宿泊環境は『劣悪』の栃尾辻避難小屋第77話から第79話までの『燕~常念・春山縦走』の前に、'93年の年の暮れからこの年'94年の年始にかけて、雪の為に引き返した失敗山行があったのを忘れて飛ばしてしまったよ。 でも、この失敗山行は幕営に目覚めたきっかけとなったので「飛ばす訳にはいかないなぁ」と思い、後付けだが思い返して掲載する事にしたよ。この...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第79話 常念岳

よも”ヤマ”話  第79話 常念岳

よも”ヤマ”話  第79話  大天井岳 〔長野県〕 ’94・ 5常念岳【名峰百選 33峰目】(前日に続いて登頂)事件のあった現場を絵にしてみました:どういう精神構造してるのかねこのタワケは  燕・常念 つばくろ・じょうねん (中部山岳国立公園)槍・穂高の展望台として・・、岩のオブジェを抱く魅力的な峰として人気の高いのが、この燕・常念山系である。 温泉郷である中房の登山口から“北ア三大急登”といわれる合戦尾根を...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
常念岳、もう雪が降っているんでしょうね。山の冬は早く来ますし、春は遅く来ます。そして危険と隣り合わせ。それが山の魅力でもあるんでしょうね。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 常念岳、もう雪が降っているんでしょうね。山の冬は早く来ますし、春は遅く来ます。そして危険と隣り合わせ。それが山の魅力でもあるんでしょうね。

ヤマはこれより長い冬眠に入るべく、今が最も紅葉が華やかな時です。 そして頂は冠雪し、周囲は鮮やかな紅葉に彩られ、直射日光の降り注ぐ場所では夏の名残りの高山植物が咲く季節の三色パックが楽しめます。

秋の素晴らしさは、真にカムイの創りし楽園の情景ですね。

よも”ヤマ”話  第78話 大天井岳

よも”ヤマ”話  第78話 大天井岳

よも”ヤマ”話  第78話  大天井岳 〔長野県〕 ’94・ 5大天井岳 2922m〔名峰次選 22峰目〕、常念岳【名峰百選 33峰目】美しい稜線スカイラインを魅せる大天井岳  燕・常念 つばくろ・じょうねん (中部山岳国立公園)槍・穂高の展望台として・・、岩のオブジェを抱く魅力的な峰として人気の高いのが、この燕・常念山系である。 温泉郷である中房の登山口から“北ア三大急登”といわれる合戦尾根を伝い、“大自然の美術館...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
凄い景色ですね@@;実物を自分の目で見ることはアタイにはないでしょう

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんにちは。
お返事遅れてスミマセン。 たった今、電波が安定してつながるエリアまで降りてきましたので・・。

> 凄い景色ですね@@;実物を自分の目で見ることはアタイにはないでしょう

過去に山をやっていれば、ヘタレ野郎でも行けますよ。 でも、ヘタレると、所要時間が1.5倍になります。

今回も、下りで登りより時間がかかる『ヘタレ症候群』に冒されました。 ヘタレると、膝や股関節が脆くなって、転けるのが怖くなって、絶望的に下りが遅くなります。