風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > よも”ヤマ”話

よも”ヤマ”話  第140話  石狩連峰 その2

よも”ヤマ”話  第140話  石狩連峰 その2

よも”ヤマ”話  第140話  石狩連峰 その2 (石狩岳)〔北海道〕 '96・7石狩岳 1967m【名峰百選 55峰目】石狩岳頂上標と『表大雪』の山なみ  石狩岳 いしかりたけ (大雪山国立公園)北海道中央部にある標高1,967 mの山で、石狩連峰及び東大雪の盟主として君臨する山である。 山頂は上川町(石狩国)と上士幌町(十勝国)の境にあり、名称は石狩川の水源である事から名付けられた。稜線は北東から南西方向に伸びていて、...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第139話  石狩連峰 その1

よも”ヤマ”話  第139話  石狩連峰 その1

よも”ヤマ”話  第139話  石狩連峰 その1(音更山)〔北海道〕 '96・7音更山 1932m石狩岳の踏破の前に越えねばならぬ源頭の峰・音更山  音更山 おとふけやま (大雪山国立公園)北海道中央部の石狩山地にある標高1,932mの峰である。 石英閃緑岩からなる。 上川・十勝支庁の境界に位置し、上川郡上川町と河東郡上士幌町にまたがっている。 一級河川石狩川水系と一級河川十勝川水系の分水嶺となっており、十勝川水系音更川...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第138話  知床連山縦走 その3

よも”ヤマ”話  第138話  知床連山縦走 その3

よも”ヤマ”話  第138話  知床連山縦走 その3 (知床・硫黄山~下山)〔北海道〕 '96・7知床・硫黄山 1563m〔名峰次選 27峰目〕1500mそこそこの標高とは思えない威圧感を示す知床・硫黄山  知床・硫黄山 しれとこ・いおうざん (知床国立公園)北海道羅臼町と斜里町にまたがる知床国立公園の知床半島に位置する活火山で、山頂部は斜里町に属している。 一等三角点に指定されており、そこの標高は1,562.5mである。 この...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第137話  知床連山縦走 その2

よも”ヤマ”話  第137話  知床連山縦走 その2

よも”ヤマ”話  第137話  知床連山縦走 その2 (羅臼平~知円別岳鞍部)〔北海道〕 '96・7知床・南岳 1459mサシルイ岳の高みよりミツミネ山と羅臼岳を望む  知床連山縦走路 しれとこれんざんじゅうそうろ (知床国立公園)我が国で”手付かず”の自然が残る最後の秘境・知床。 その秘めたる半島の中央部の屋根たる部分を示すのが、最高峰の羅臼岳 1660m から硫黄岳 1563m の知床・硫黄岳への知床連山である。最高峰の羅臼...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
知床半島って手付かずの自然が残っているというイメージがあったんですが、実際に写真で見たのは初めてです。その知床連山を縦走されたなんで羨ましい限りです(笑)。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

知床は完全なる原生の植生が残る『日本最後の楽園』と云われてますが、世界遺産登録後にかなり整備の手が入った&立入禁止区域が拡大されて、滝を遡って滝の温泉に入る『カムイワッカの湯滝』は「観光客には危険」と立入禁止となり、入口の沢に足を浸けるだけの観光地となってますね。

でも、この記事当時は世界遺産登録前で何の規制もない代わりに、全く登山道整備も入っていませんでした。 だから、今以上に厳しい山行でしたね。 恐らく、若き『奇跡の体力』が無かったら、行けなかったでしょうね。

No Subject * by ねむろ大喜
ゴールデンウイークには、知床に行こうと思っていますが、登るんでなく浸かりに行きます^^)

Re: No Subject * by  風来梨
ねむろ大喜さん、こんにちは。

知床が「思い立ったら訪れる事ができる」のは羨ましい限りで。

知床の温泉では、岩尾別の『ホテル・地ノ果テ』、ウトロ温泉、羅臼温泉と、今は通行禁止で入れない効能が「疲労増進&足裏の爛れ」という究極温泉のカムイワッカの湯滝に入った事があります。

羅臼温泉は閑散としてましたね。 やっぱり、ウトロに比べて不便だからでしょうね。

よも”ヤマ”話  第136話  知床連山縦走 その1

よも”ヤマ”話  第136話  知床連山縦走 その1

よも”ヤマ”話  第136話  知床連山縦走 その1 (羅臼岳)〔北海道〕 '96・7羅臼岳 1660m(2度目の登頂)サシルイ岳方向から望む羅臼岳   知  床 しれとこ (知床国立公園)秘境・知床・・。 アイヌの言葉で“地の果て”を意味する読み名の通り、半島の海岸線のほとんどが断崖絶壁となって切れ落ち、沢は全て滝となって直接海に落ち込む。 陸もほとんどが未開の地で、未だ岬まで行ける登山道もない。 岬にたどり着く...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第135話  羊蹄山

よも”ヤマ”話  第135話  羊蹄山

よも”ヤマ”話  第135話  羊蹄山 〔北海道〕 '96・7羊蹄山 1898m【名峰百選 54峰目】『蝦夷富士』と呼ばれる美しき容姿の山の頂へ  羊蹄山 ようていざん (支笏洞爺国立公園)道南で“ピカ一”の名所といえば、この羊蹄山 1898メートル であろう。 その姿の美しさから、『蝦夷富士』とも呼ばれているコニーデ型の火山である。 またこの山は、北海道では珍しい独立主峰で、山頂からの展望は最高。 初夏の山の花は...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
羊蹄山って名前だけは知っていたんですが、こういう山だったんですね。勉強になりました。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

羊蹄山は『蝦夷富士』と呼ばれる美しい三角錐を示した独立孤嶺で、頂上部に富士山のような噴火口の釜()大釜があるなど、北海道・後志地方の「心の山」的な存在な山ですね。

よも”ヤマ”話  第134話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その4

よも”ヤマ”話  第134話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その4

よも”ヤマ”話  第134話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その4(鳳凰三山と下山)〔山梨県・長野県〕'95・8鳳凰・地蔵岳 2764m(前話に引き続き登頂)、鳳凰・観音岳 2840m【名峰百選 53峰目】、鳳凰・薬師岳 2780m鳳凰三山の最高峰・観音岳へ  鳳凰三山 ほうおうさんざん (南アルプス国立公園)鳳凰三山は北岳・間ノ岳・農鳥岳からなる白峰三山の前衛をつかさどる山域で、山岳信仰の深い事でも知られている。 それぞれの峰に...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第133話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その3

よも”ヤマ”話  第133話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その3

よも”ヤマ”話  第133話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その3(オベリスクへ)〔山梨県・長野県〕'95・8高嶺 2779m、鳳凰・地蔵岳 2764m真に岩仏・・ オベリスク全景  鳳凰・地蔵岳とオベリスク ほうおう・じぞうたけ と オベリスク (南アルプス国立公園)南アルプス前衛の山で一番ポピュラーなのが鳳凰三山であろう。 三山というが、北側から地蔵ヶ岳・赤抜沢ノ頭・観音岳・薬師岳・砂払岳の5座から成る。 二等三角点は...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第132話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その2

よも”ヤマ”話  第132話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その2

よも”ヤマ”話  第132話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その2(早川尾根)〔山梨県・長野県〕'95・8栗沢山 2714m、アサヨ峰 2799m〔名峰次選 26峰目〕最も早く朝日が当たり夜明けを知らせた峰・”朝夜峰”  アサヨ峰 あさよみね (南アルプス国立公園)甲斐駒ヶ岳と鳳凰山とを結ぶ早川尾根上にある標高2,799mの山で、早川尾根の盟主の位置づけにある。 この頂からは南に北岳・仙丈ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳、北に八ヶ岳・金峰山、東...

... 続きを読む

よも”ヤマ”話  第131話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その1

よも”ヤマ”話  第131話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その1

よも”ヤマ”話  第131話  甲斐駒・鳳凰三山縦走 その1(甲斐駒ヶ岳)〔山梨県・長野県〕'95・8駒津峰 2752m、甲斐駒ヶ岳 2967m【名峰百選 52峰目】、甲斐駒・摩利支天 2840m凛々しい三角錐を示す甲斐駒ヶ岳は真に甲斐国の守護神となる峰だ  甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山 かいこまがたけ・ほうおうさんざん (南アルプス国立公園)南アルプスを語る上で忘れてはならないのが、甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山であろう。 南アルプスの山...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
摩周湖の伏流水でも汲みに行こうかな^^)苦労いらずやし

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

摩周湖・・ 行ってみたいなぁ
(以外や以外 摩周湖は訪れた事がありません。 行こうとした4年前の冬は暴風雪で通行止で、美幌峠のドライブインで味噌ラーメン食いました。 美味かったです。)

No Subject * by 朝弁
こんばんは。

水の美味しさ
こればっかりは加齢と
運動が一番の役目を果たすような。

本日は
帰宅後の除雪作業で
北国に暮らす宿命を味わっており
明日はご訪問お休みとなるかも。。。。。

No Subject * by 鳳山
甲斐駒ヶ岳、神々しい山ですね。2000mから3000mに近い山々が林立する長野とその周辺はまさに日本の屋根という感じです。

Re: No Subject * by  風来梨
朝弁さん、こんばんは。

水の美味さは、湧水である事が必須ですね。 雪解け水が花崗岩の濾過でより一層美味になります。 そして、汗をかいて喉が乾いている時というシチュエーションがあれば完璧です。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

古より甲斐ノ国の守護神を司る峰で、我が国でも選ばれし峰が名乗る事を許される『駒ヶ岳』を名乗っている峰なので、崇高なオーラを放っています。

花崗岩の山塊は『南アルプス天然水』の本場です。 この花崗岩で濾過された極上の湧水が、記事中に書いてある仙水峠の沢水ですね。