風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 『日本百景』 春

第433回  櫃取湿原

第433回  櫃取湿原

『日本百景』 春  第433回  櫃取湿原 〔岩手県〕湿原の緑とミズバショウの白の斑点そして木々と青空のコントラストとの調和が美しい  櫃取湿原 ひっとりしつげん岩手県下閉伊郡岩泉町釜津田の国有林内に広がる櫃取湿原は、早池峰山の北側にある青松葉山や高森などの峰々に囲まれた標高1000m前後の平坦地にある湿原で、周りを囲むように広葉樹林が広がり、北上高地の数少ない湿原地の中で最も美しい場所と言われている。ま...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
水芭蕉には不自由していません^^)撮りに行くかな

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

> 水芭蕉には不自由していません^^)撮りに行くかな

根室大喜さんの御当地・根室なら、ノサップ岬へと続く湿地帯や根釧原野の湿地帯の至る所でミズバショウが咲き乱れることでしょうね。 そして咲く時期も、北の短い夏の初旬の7月初旬ですね。 北のシバザクラとミズバショウはまだ目にしてません。

芝がピンクに染まるシバザクラの情景と、湿原に無造作に咲くミズバショウの白い斑点・・。 是非とも魅せられたい情景の一つですね。

第432回  毛勝山 その2 (下り)

第432回  毛勝山 その2 (下り)

『日本百景』 春  第432回  毛勝山 その2 (下り) 〔富山県〕遠目から見てもこの角度実際に登ると三角定規の60°辺のような凄ましい傾斜だよ   毛勝山 けかちやま (中部山岳国立公園)『槍・穂高』、『剱・立山』・『後立山』を擁し、多くの登山者で賑わう北アルプスにも、玄人向けの「未開の山」があるのを御存知であろうか。 それが、今回取り上げる毛勝山 2414メートル である。大日三山と極近くに対峙してそび...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
毛勝山って玄人のみが登れる山なんでしょうね。それだけに大自然が我々素人にも印象深く迫ってきます。風来梨さんのように全国の山を制覇できる人が羨ましい。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

かなり厳しい、俗にいう『バリエーションルート』ですね。
頂上直下の傾斜50度の雪渓は。

それを若さと勢いだけで行っちゃったのが、この記事の山行ですね。 あぁ、若さとは素晴らしい。 若さは、何でもできた気がしましたね。 若い時にアタックしておいて、良かったなぁとつくづく思いますね。

No Subject * by hanagon60
こういう山登ると生きてる実感を味わえますね。強烈に脳裏に焼き付くことと思えます。滑落も無事で良かったですね。
私は今まで雪山と滝で各一回滑落していますが、どちらも無事では済みませんでした(ーー;)。とりあえず自力帰還は出来ましたが。。

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

お恥ずかしながら、滑落は最長で常念の一ノ沢での70mを始め、片手以上の回数でやらかしてます。 また、沢で流される通称・ムーミン(ムーミンのオープニングより)も2回ほど、骨折は肋軟骨損傷から最悪はペテガリ岳での肋骨2本まで、ハデに『オチャメ』っています。

でも、勤めを首になるのが怖くて、そのまま勤務してました。 でも、不思議に足は無かったんですよね。 2年前の西穂のロープウエー駅まで700mの地点でローリングサンダーをカマして酷い捻挫をするまで。 だから、コケてアバラ骨をポッキンしても、『オチャメ』満開で下山してました。

最近では下るのが遅くなりまくって、明るい内に下山できずにビバークしてしまう危機を迎えています。

第431回  毛勝山 その1 (上り)

第431回  毛勝山 その1 (上り)

『日本百景』 春  第431回  毛勝山 その1 (上り) 〔富山県〕毛勝山を極めるには最大傾斜度50°の毛勝谷雪渓をつめるしかない   毛勝山 けかちやま (中部山岳国立公園)『槍・穂高』、『剱・立山』・『後立山』を擁し、多くの登山者で賑わう北アルプスにも、玄人向けの「未開の山」があるのを御存知であろうか。 それが、今回取り上げる毛勝山 2414メートル である。大日三山と極近くに対峙してそびえているにもか...

... 続きを読む

No Subject * by hanagon60
毛勝山は今まであまり頭になかったのですが、改めて認識し直したのは昨年の剱岳、小窓尾根越しの姿でした。
これは5月頃の山行でしょうか?

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

> 毛勝山は今まであまり頭になかったのですが、改めて認識し直したのは昨年の剱岳、小窓尾根越しの姿でした。
> これは5月頃の山行でしょうか?

仰る通り、5月の中頃です。 聞くところによると、毛勝山は雪渓のある時しか登れないらしいです。 また、次回の下山編で下りた北西尾根は一般ルートではないらしく、ガイドとかも見当たらないです。 たぶん、長大過ぎて、登るとなると水場皆無の尾根を2日がかりとなるからでしょうね。 下りでも空身で(奇跡の体力時でも)9時間かかりましたから。

でも、雪山経験者なら、何とかこなせると思います。

第430回  妙高高原・いもり池

第430回  妙高高原・いもり池

『日本百景』 春  第430回  妙高高原・いもり池 〔新潟県〕妙高山とミズバショウ  妙高高原・いもり池 みょうこうこうげん・いもりいけ (上信越高原国立公園)妙高高原・池の平温泉の中央に位置する周囲500mほどの池で、深い所でも2m位の浅い人工池である。 この池の名の由来は、昔にイモリが沢山いた事からこの名がついたといわれている。 妙高を代表する観光スポットで、晴れた日には池が水鏡となって、逆さの妙高山...

... 続きを読む

第429回  桜島と大隅線遺構めぐり

第429回  桜島と大隅線遺構めぐり

『日本百景』 春  第429回  桜島と大隅線遺構めぐり 〔鹿児島県〕噴煙たなびく姿が美しい活火山・桜島   桜島 さくらじま (霧島屋久国立公園)薩摩地方のシンボル・桜島 1117メートル。 今もなお、噴火活動中の活火山だ。 地元にとっては迷惑厄介なこの噴火・噴煙も、旅人にとっては絶景となってしまう。 特に、大隅半島から錦江湾を前景に桜島がもうもうと噴煙を上げる姿は、見事なまでの絵姿である。線内の...

... 続きを読む

No Subject * by onorinbeck
鹿屋というと特攻隊の基地があった場所ですよねーーー!
永遠のゼロなんども読みましたよ!

Re: No Subject * by  風来梨
onorinbeckさん、こんばんは。

> 鹿屋というと特攻隊の基地があった場所ですよねーーー!
> 永遠のゼロなんども読みましたよ!

鹿屋には零戦を再度組んで展示しているミュージアムがあるそうです。 今度訪れる時は訪ねてみたいなと思っています。
いつになるかわかりませんが・・。

訪ねたき所いっぱいあって、困っちゃいます。(笑)

No Subject * by 根室大喜
札幌市の西区に桜島という人気ラーメン店があります。もう一度食べたい^^)思い出しました

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんにちは。

> 札幌市の西区に桜島という人気ラーメン店があります。もう一度食べたい^^)思い出しました

そのラーメンは、桜島のように具がてんこ盛りにされ、脂の乗ったチャーシューが噴煙の如く爆発的な盛り付けをされてるのでしょうか?

想像しただけで、アカン! 食いたい!
スーブは味噌がいいですな。 サッポロだから、塩味かな?

第428回  春先の三嶺

第428回  春先の三嶺

『日本百景』 春  第428回  春先の三嶺 〔徳島県・高知県〕盟主・剣山に優るとも劣らずの魅惑的な峰・三嶺   三嶺  みうね  (剣山国定公園)三嶺(みうね/さんれい)は、高知県と徳島県にまたがる山である。 標高1,894メートルで、高知県の最高峰である。 四国百名山に選定されている。 三嶺は四国山地の東の一角にあり、高知県を流れる物部川水系の一つ・上韮生(かみにろう)川の源流である。 高知県側の山腹...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
ムー愛読者だった過去を持つ私としては剣山は別の意味で思い入れのある山ですが(笑)、剣山山系の三嶺ってこんな景色なんですね。勉強になりました。

Re:No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

山ノボラーでは、山岳的な魅力では盟主の剣山よりこの三嶺の方が高いと言われてますね。

冬は位置的な関係で、剣山が少しの積雪を記録したなら、この三嶺は1mの積雪を見ますね。

また、笹の草原の広がりも三嶺に軍配が上がります。 いつの機会か、剣山~三嶺の縦走したいなぁ。 でも、往復して戻って来なければ、乗ってきた車を回収出来なくなります。

No Subject * by 根室大喜
登山者の登山後の一風呂浴びる温泉に登山せずに入ります^^)登山はここで見て登った気に

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

>登山者の登山後の一風呂浴びる温泉に登山せずに入ります^^)登山はここで見て登った気に

それも大いにアリですね。 撮り鉄のみの時は、私もその通りです。 風呂上がりに、腰に手を当ててフルーツ牛乳のイッキ飲みも忘れずに!

第427回  鳥取砂丘と山陰海岸

第427回  鳥取砂丘と山陰海岸

『日本百景』 春  第427回  鳥取砂丘と山陰海岸 〔鳥取県〕これ程に完璧な風紋は年に数度の事だそうです  山陰海岸 さんいんかいがん (山陰海岸国立公園)山陰海岸で最も印象的な所は、鳥取砂丘であろう。 東西16kmにも及ぶ大砂丘は、千代川が運んできた砂と、岬や海岸が波によって洗われて出る海食砂が集まり、季節風に乗って陸地に吹き上げられてできたものである。 夜明けに吹く風によって少しづつ風紋が描かれ...

... 続きを読む

No Subject * by haleiwa3000
こんにちわ。鳥取砂丘の風紋、みごとです。 そういえば島根と鳥取はまだ行ったことがありません。

No Subject * by 根室大喜
鳥取砂丘は昔旅行で行きました
その頃は、写真を撮る趣味がなかったので、、、

No Subject * by  風来梨
haleiwa3000さん、こんばんは。

聞く所によると、風紋は風力や風向、湿度や気温・・、そして観光客の踏み荒らしの度合など、よほど条件が整わないと、中途半端なモノしか見られないそうなので、2回目の訪問で見れた事はラッキーでしたね。

それに加えて、土砂降りの雨の後の幾何学模様の風紋も、心が高揚しました。

鳥取と島根・・、いい所が数多くありますよ。 機会があれば是非に・・。

No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

写真を撮る趣味がなければ、結構カメラを持っていくのって、手間なんですよね。 私も「手間がかかる」という理由から三脚を使わずに撮って、「三脚は面倒で、持っていくのも重たいので使わなくていい!」と言ったなら、写真のクラブを首になりました。(笑)

第426回  標津・上武佐原野

第426回  標津・上武佐原野

『日本百景』 春  第426回  標津・上武佐原野 〔北海道〕原野の大平原を地形に逆らわず越えていく列車情景の虜となったワテ  上武佐原野 かみむさげんや北海道の道東の最果て・オホーツク海に浮かぶ国後島を眺める標津にある丘の事で、中標津町にあるというだけで、決まった名称のない原野帯である。 周囲は広大な土地ゆえに、酪農業が盛んである。この『上武佐』の地名は、周囲を流れる武佐川の上流域にあり、またこの...

... 続きを読む

第425回  高遠城址の枝垂れ桜

第425回  高遠城址の枝垂れ桜

『日本百景』 春  第425回  高遠城址の枝垂れ桜 〔長野県〕枝垂れ桜と青空を見上げる高遠城址にて   高遠城址公園 たかとうじょうしこうえん長野県伊那市高遠町東高遠にある城、高遠城を中心に整備された公園である。 高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が縄張りした堅城で、城主は武田氏一族が務めた。 別名兜山城ともいわれる。桜と調和する和風の桜の名所高遠城址公園1582年(天正10年)、城主・仁...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
ここで桜見物できました^^)根室の桜は5月中旬

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

> ここで桜見物できました^^)根室の桜は5月中旬

北海道の芝桜は一度見てみたいですね。 根室地域なら、別海平原や開陽台なんかが狙い目でしょうか?
でも、5月中旬はオフシーズンなので、今はなかなか訪れる機会がないですね。
あぁ・・、放浪していたあの頃に戻りたい。

No Subject * by 鳳山
高遠城は行ってみたい城です。枝垂れ桜綺麗ですね。早く桜など自然を愛でられる平和な世の中になって欲しいですよ。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。


> 高遠城は行ってみたい城です。枝垂れ桜綺麗ですね。早く桜など自然を愛でられる平和な世の中になって欲しいですよ。

恐らく、2~3年の忍耐が課せられるでしょうね。 早く安心して日本の四季を愛でるいつもの世の中に戻って欲しいものです。 その為にも政府は、この期に及んで病原体である外国人をおもんばかる対策をするのではなく、日本の国民ファーストでやって欲しいですね。 でも、今日の経済対策案を見る限り、消費税の減税は無し、そして外国人を含む一部の困窮者のみの救済案を示し、医療崩壊に対しての対策がほとんど見られないなど、期待できない内容となってますね。

今、その事について記事を書いてます。 近日中にアップしますので、宜しければどうぞ。


第424回  越前海岸

第424回  越前海岸

『日本百景』 春  第424回  越前海岸 〔福井県〕越前の『松島』夕陽の絶景の地だ  越前海岸 えちぜんかいがん (越前加賀海岸国定公園)海岸沿いに花咲く穏やかな海岸風景から北陸の厳しい冬を象徴する荒波の風景まで、全ての魅力を備えた風景を魅せてくれるのがこの越前海岸である。 春夏秋冬に見応えのある所だが、最もその魅力を引き立てるのは冬から春先であろう。海が金色に変わる夕暮れのいっとき雄島にて沿岸で...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
ええ旅行さしてもらいました^^)ああ楽しかった

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

> ええ旅行さしてもらいました^^)ああ楽しかった

こちらも、美味しく安いモノを堪能しました。 やっぱり、庶民価格のグルメは為になります。