風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 『日本百景』 秋

第409回  仙人池 再び・・ その4

第409回  仙人池 再び・・ その4

『日本百景』 秋 第409回 仙人池 再び・・ その4 《仙人池~阿曽原温泉~欅平》 〔富山県〕月明かりで神秘的な情景を魅せる仙人池・水鏡   仙人池 再び・・時が経つ(歳を喰う)のは早過ぎるというか残酷なもので、前回仙人池に訪れた時からもう20年経ってしまった。 あの頃は『奇跡の体力』の最盛期で、今回の所要時間の半分で駆け抜ける事ができたが、今はヘタるだけヘタれてしまったよ。三度目で初めて魅せられた夜...

... 続きを読む

第408回  仙人池 再び・・ その3

第408回  仙人池 再び・・ その3

『日本百景』 秋 第408回 仙人池 再び・・ その3 《近藤岩~仙人池》 〔富山県〕我が国山岳情景屈指の絶景へ・・   仙人池 再び・・時が経つ(歳を喰う)のは早過ぎるというか残酷なもので、前回仙人池に訪れた時からもう20年経ってしまった。 あの頃は『奇跡の体力』の最盛期で、今回の所要時間の半分で駆け抜ける事ができたが、今はヘタるだけヘタれてしまったよ。ヘタレを克服して得れる絶景を求めてヤマへこれだけ...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
三ノ窓雪渓、壮観ですね。その他の景色も高山特有で素晴らしい。下界で生きる私などは絶対に経験できません。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 三ノ窓雪渓、壮観ですね。その他の景色も高山特有で素晴らしい。下界で生きる私などは絶対に経験できません。

秋の裏剱は、我が国屈指の絶景です。あの絶景が見たくて、ヘタレにムチ打って山旅をしました。 それで、ますます進行する不治の病・ヘタレの悪化を思い知らされましたよ。 でも、生涯の楽しみとしてやめられませんね。 山ノボラーは・・。

第407回  仙人池 再び・・ その2

第407回  仙人池 再び・・ その2

『日本百景』 秋 第407回 仙人池 再び・・ その2 《真砂沢~剱沢渓流~近藤岩》 〔富山県〕朝の光が少しづつ剱の尖峰を照らしていく   仙人池 再び・・時が経つ(歳を喰う)のは早過ぎるというか残酷なもので、前回仙人池に訪れた時からもう20年経ってしまった。 あの頃は『奇跡の体力』の最盛期で、今回の所要時間の半分で駆け抜ける事ができたが、今はヘタるだけヘタれてしまったよ。これだけヘタれると、何度か通っ...

... 続きを読む

第406回  仙人池 再び・・ その1

第406回  仙人池 再び・・ その1

『日本百景』 秋 第406回 仙人池 再び・・ その1 《室堂~剱沢雪渓~真砂沢》 〔富山県〕剱沢より紅葉をまとう剱の岩峰:秋色模様にうつつを抜かすと筆者の如く『オチャメ』に見舞われます   仙人池 再び・・時が経つ(歳を喰う)のは早過ぎるというか残酷なもので、前回仙人池に訪れた時からもう20年経ってしまった。 あの頃は『奇跡の体力』の最盛期で、今回の所要時間の半分で駆け抜ける事ができたが、今はヘタるだ...

... 続きを読む

第405回  西沢渓谷・秋景

第405回  西沢渓谷・秋景

『日本百景』 秋 第405回 西沢渓谷・秋景 〔山梨県〕西沢渓谷を代表する瀑布七ッ釜・五段ノ滝  西沢渓谷 にしざわけいこく (秩父多摩国立公園)奥秩父を源に壮大なスケールの渓谷を魅せるのが、東沢渓谷と西沢渓谷である。 だが、東沢渓谷は、登山ルートが設定(登山の創世期は登山道だったというが・・)されておらず立入禁止となっている。それ故に、沢登りを主とする限られた者の領域となっている。三重滝西沢渓谷の代...

... 続きを読む

第404回  御来光ノ滝・秋景

第404回  御来光ノ滝・秋景

『日本百景』 秋 第404回 御来光ノ滝・秋景 〔愛媛県〕秋色に染まった柱状摂理の岩に美しい白布を掛ける御来光ノ滝   御来光ノ滝 ごらいこうのたき  落差102m  愛媛県・久万高原町仁淀川の最源流部面河渓にあり、霊峰石鎚山のほぼ直下から流れ落ちる神秘的な滝で、落差は102m。 『日本の滝百選』にも選ばれている名瀑である。石鎚スカイラインの途中にある長尾尾根展望所から遠望する事ができ、一般の観光客ならばこ...

... 続きを読む

第403回  六十里越・雪わり街道

第403回  六十里越・雪わり街道

『日本百景』 秋 第403回 六十里越・雪わり街道 〔福島県・新潟県〕秋満開の樹海ロード道路に映す紅葉の枝影さえ芸術だ白沢トンネル駐車場付近にて  六十里越 ろくじゅうりこえ (越後三山只見国定公園)六十里越(ろくじゅうりごえ)は新潟県魚沼市と福島県南会津郡只見町との間にある峠で、魚沼市入広瀬地区(旧北魚沼郡入広瀬村)東部の大白川と、只見町田子倉の間に所在し、最高点の標高は863mに達する。六十里越の名は...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
秋の紅葉の季節なのに生活に追われほとんど見れません。この記事の紅葉を見て秋を感じました。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 秋の紅葉の季節なのに生活に追われほとんど見れません。この記事の紅葉を見て秋を感じました。

秋の彩りを感じていただければ嬉しいです。
無理もありませんよ。 これほどの紅葉は、人里を離れた無人の山懐でないと目にできませんから。

第402回  荒沢岳・秋

第402回  荒沢岳・秋

『日本百景』 秋 第402回 荒沢岳・秋 〔新潟県〕紅葉の彩りと薄らと雪を乗せた稜線・・そしてスカイブルーの空の織りなす絶景へ  越後の名峰めぐり えちごのめいほうめぐり (越後三山只見国定公園)越後の山々は、花あり・・、湖あり・・、岩壁がおりなすアルペンの雰囲気あり、温泉ありと、あらゆる角度で山を楽しめる山域だ。 中でも、高山植物が豊富な越後駒ヶ岳 2003メートル と奥只見にそびえる弧高の峰・荒沢岳...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
荒沢岳、奥只見の方ですね。河合継之助はこの山を見たのか、生涯見ずして過ごしたのか気になります。越後駒ケ岳は魚沼盆地を通った時何とか見えそうな気はしますが。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 荒沢岳、奥只見の方ですね。河合継之助はこの山を見たのか、生涯見ずして過ごしたのか気になります。越後駒ケ岳は魚沼盆地を通った時何とか見えそうな気はしますが。

奥只見でも更に奥にある荒沢岳は、江戸時代末期は恐らく「名無しの峰」だったと思いますね。 この地で山と言えば越後駒と八海山、そして河合継之助が越えた『八十里越』から見える浅草岳ですね。

登山の概念のない時代は、見える山=越後駒以外は認知されてないでしょうね。 そんな奥深い山に登れる今は幸せな時代ですね。

第401回  栗駒山・秋

第401回  栗駒山・秋

『日本百景』 秋 第401回 栗駒山・秋 〔岩手県・宮城県〕神の絨毯の峰に鎮座する天狗岩  栗駒山 くりこまさん (栗駒国定公園)奥羽山脈のほぼ中央に位置する栗駒山は、宮城・岩手・秋田の三県にまたがる安山岩やデイサイトを主な岩質とする成層火山で、活火山に指定されている。 約80万年前以降に活動を開始し、最新の火山活動では1944年に小規模な水蒸気噴火を起こし昭和湖を形成した記録がある。この山の山名の由来は初...

... 続きを読む

震災以前? * by hanagon
これは素晴らしい紅葉ですね。ちょうどピークの頃でかなり混雑したのでは?
山行の時期は随分と以前の事でしょうか。東日本震災以降、昭和湖は白くなっているようですので。
私が栗駒山に登ったのは仙台赴任時、震災3年前に起こった岩手宮城内陸地震発生後で、山頂の紅葉が始まったところでした。
この地震で栗駒周辺は震度7。あたりが大きな被害に遭った事もあり、須川温泉含めてほとんど人はいませんでした。

ちなみに * by hanagon
ちなみにその時の記事です。
https://hanagon60.blog.fc2.com/blog-entry-371.html

Re: 震災以前? * by  風来梨
hanagonさん、こんにちは。

> これは素晴らしい紅葉ですね。ちょうどピークの頃でかなり混雑したのでは?
> 山行の時期は随分と以前の事でしょうか。東日本震災以降、昭和湖は白くなっているようですので。
> 私が栗駒山に登ったのは仙台赴任時、震災3年前に起こった岩手宮城内陸地震発生後で、山頂の紅葉が始まったところでした。
> この地震で栗駒周辺は震度7。あたりが大きな被害に遭った事もあり、須川温泉含めてほとんど人はいませんでした。

これは、東日本大震災の2年後だったかと思います。 昭和
湖は、確か白く白濁していたと思います。 でも、日が影って遠目から撮ったので,白い湖水の色が消えて影になったようですね。

この年は拠ん所ない事情で1ヶ月ヒマができ、東北の山をめぐることができたので、この他にも紅葉の山をめぐることができました。 リンク頂いた記事は後ほど拝見させて頂こうかと。

第400回  日本最高峰

第400回  日本最高峰

『日本百景』 秋 第400回 日本最高峰 〔山梨県・静岡県〕富士山の最高点・剣ヶ峰は月面基地のようだった  富士山 ふじさん (富士伊豆箱根国立公園)富士山の標高は3776m・・。 誰もが知る日本最高峰で、標高の憶え方も「富士山のようにみななろ・3776m」というように、小さい頃から教わったものだ。 富士山は裾野を直径40kmにも広げる典型的なコニーデ型火山で、その秀麗な山容は世界に誇れるものの一つである。 ...

... 続きを読む