風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 『日本百景』 晩夏

第394回  塩見岳・朝景

第394回  塩見岳・朝景

『日本百景』 晩夏  第394回  塩見岳・朝景 〔長野県・静岡県〕昨日夕立と雷を呼び込んだ雲が山を美しく装っていた  塩見岳・蝙蝠岳 しおみたけ・こうもりたけ (南アルプス国立公園)南北に標高3000mを越える峰々を連ねる巨大な山脈・南アルプスのほぼ中央にそびえる3000m峰が塩見岳 3052m だ。 この峰は北側から望むと漆黒の甲冑を思わせる入道頭の山塊をもたげて、遠目から望んでもすぐに視認できる。その塩見岳...

... 続きを読む

第393回  蝙蝠岳

第393回  蝙蝠岳

『日本百景』 晩夏  第393回  蝙蝠岳 〔静岡県〕「おおらかで草木なし・・」この言葉に魅せられて南ア中央部きっての秘峰へ  塩見岳・蝙蝠岳 しおみたけ・こうもりたけ (南アルプス国立公園)南北に標高3000mを越える峰々を連ねる巨大な山脈・南アルプスのほぼ中央にそびえる3000m峰が塩見岳 3052m だ。 この峰は北側から望むと漆黒の甲冑を思わせる入道頭の山塊をもたげて、遠目から望んでもすぐに視認できる。そ...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
蝙蝠岳って本当に蝙蝠みたいな印象ですね。登山マナー、観光マナーを守れない奴は入ってくる資格がないと思います。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 蝙蝠岳って本当に蝙蝠みたいな印象ですね。登山マナー、観光マナーを守れない奴は入ってくる資格がないと思います。

蝙蝠岳は、そのそびえ立つ位置もコウモリの如く秘めたる位置ですし、山名の由来もこの峰が唯一目にする事ができる大井川の最上流域から見る雪形がコウモリ形だから・・という神秘的な峰です。 そんな秘めたる峰の頂に立てたこの時は大いに気持ちが昂りましたね。

『犬連れ登山』は、マナー違反所ではなく、ヤマの動植物の虐殺を楽しむチョンそのもののの、おぞましき日本の自然の破壊行為ですね。 そして、それを注意した時の逆切れ度合いもチョンそのものです。

この自然破壊行為で、多くの山域で野性動物コロニーが絶滅した報告も成されています。 正にヒトモドキだからこそ、笑ってできるのでしょうね。

No Subject * by ●kuromaru
おはようございます。
山にイヌを連れて行く輩に対する怒りは同意です。
ライチョウ食ったり、平気で野糞したり…苛立ちます。
ただ自然へのインパクトを言い出すと、それならば人も登るなと言われると返す言葉がなくなりますが…

今週後半は塩見と思っていたら天気が悪そう…
今年の夏山計画は全て幻に終わりそうです。

Re: No Subject * by  風来梨
●さん、こんばんは。

> おはようございます。
> 山にイヌを連れて行く輩に対する怒りは同意です。
> ライチョウ食ったり、平気で野糞したり…苛立ちます。
> ただ自然へのインパクトを言い出すと、それならば人も登るなと言われると返す言葉がなくなりますが…
>
> 今週後半は塩見と思っていたら天気が悪そう…
> 今年の夏山計画は全て幻に終わりそうです。

御賛同頂き有難うございます。 >それならば人も登るなと言われる・・ コイツらは「飲酒運転をして人を轢いて、飲酒運転の車を咎めるなら、全ての車の運転を止めさせろ!」と言ってるのと同じで、最早人でない人間のクズですね。 だからこそ、ヤマの動植物を根絶やしにすることに罪悪感が全くないのですね。

それに、これは奇跡的な事なんですけど、人が登山を趣味としてヤマに登り始めてから60年くらい経過しましたけど、この間に人間由来の病原菌やウイルスに感染被害にあった野性動物は全く該当ナシです。 恐らく、人と獣である野性動物は属性が違うからだと学術的な検証も成されています。 でも、ペット犬は野性動物と同じ属性だから、ペット犬の感染するウイルスや病原菌、寄生虫は全て野性動物に感染する可能性があるわけです。 そして、犬から感染して死に絶えた野性動物のコロニーも、各地の山々で数多く報告されてます。

犬連れ登山というふざけた行為がなされたのは今から20年くらい前の2000年前後ですが、もう、僅か10年後の2010年には、犬連れ登山での踏み荒しによる湿原の乾燥化や、タヌキ・テン・オコジョといった小動物の生態数の激減、野鳥の飛来の激減が問題視されてます。

その他、犬の麻疹といわれる『ディステンバーウイルス』に感染してそれが蔓延して、ほぼ絶滅となった山域も、犬連れ登山が横行する山で報告されてます。 例えは、会津の磐梯高原の雄国沼とか・・。 そして、立山の天然記念物・ライチョウも、ペット犬との接触によって犬のダニがライチョウに寄生してカイセン症にかかって死亡した事例が報告されてます。 立山でペット犬の連れ込みが、ケーブルや高原バスの乗車拒否対象となったのはこれ以降です。 正にコイツらは、笑って野性動物を殺す人の面を被ったチョンのヒトモドキです。

叶うことなら、一刻も早く日本から駆逐・排除したいです。

過激な返答スミマセン。

第392回 塩見岳

第392回 塩見岳

『日本百景』 晩夏  第392回  塩見岳 〔長野県・静岡県〕朝靄のドレスフップで神秘的に・・  塩見岳・蝙蝠岳 しおみたけ・こうもりたけ (南アルプス国立公園)南北に標高3000mを越える峰々を連ねる巨大な山脈・南アルプスのほぼ中央にそびえる3000m峰が塩見岳 3052m だ。 この峰は北側から望むと漆黒の甲冑を思わせる入道頭の山塊をもたげて、遠目から望んでもすぐに視認できる。その塩見岳を違った角度から望むと...

... 続きを読む

No Subject * by -
おはようございます。
塩見は今年狙っています。
南アは間ノ岳より北しか行ったことがないので行ってみたいのです。
あとは休みで空いている日が晴れるかどうか次第ですが…

Re: No Subject * by  風来梨
こんにちは。

> おはようございます。
> 塩見は今年狙っています。
> 南アは間ノ岳より北しか行ったことがないので行ってみたいのです。
> あとは休みで空いている日が晴れるかどうか次第ですが…

塩見岳は北岳方面から縦走するとなると3日がかりだし、鳥倉から三伏峠は比較的楽ですけど、鳥倉までのアプローチが大変ですね
。 この記事の次回に取り上げる蝙蝠岳は、もっと条件がキツいですね。 でも、行った者だけが味わえる『我ひとり占めの山風景』が魅れますよ。

No Subject * by 根室大喜
トリカブトは根室にも普通に咲いています^^)

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。


> トリカブトは根室にも普通に咲いています^^)


本州では高山植物として標高2000m以上でないと咲かない花も、北海道では海岸縁に咲いてますものね。
チシマフウロやワタスゲなどなど・・。 やっぱり、北海道は自然の奇跡がおりなす地ですね。
何度でも旅したくなります。






No Subject * by 鳳山
蝙蝠岳ってあるんですね。珍しい名前です。塩見岳の山頂から見る景色も絶景です。山登りの楽しみ、私も味わってみたいと思います。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

> 蝙蝠岳ってあるんですね。珍しい名前です。塩見岳の山頂から見る景色も絶景です。山登りの楽しみ、私も味わってみたいと思います。

この山を地図で見た時、「山頂はおおらかで草木なし」とありました。 それでその「おおらかな姿」を見てみたいと思ったのが、この山に登る理由となりましたね。 その姿は、期待に違わぬ丸みを帯びた乳房のような容姿でした。 そして、縦走路から外れた所からの絶景も欲しいままでした。

その事は、次回の記事で書き記そうかと・・。

第346回  中アのいぶし銀の名峰へ

第346回  中アのいぶし銀の名峰へ

『日本百景』 晩夏  第346回  中アのいぶし銀の名峰へ  〔長野県〕空木岳より望む南駒ヶ岳   中央アルプス ちゅうおうアルプス (中央アルプス県立自然公園)中央アルプスは南北アルプスの間に連なる“木曽山脈”の総称で、高さも南北アルプスのそれにひけをとらない。 最高峰は木曽駒ヶ岳 2956メートル で、そのすぐ横に剣先の如く鋭く尖った頂を魅せる宝剣岳 2931メートル が並ぶ。 また、この中央アルプスの山...

... 続きを読む

No title * by 鳳山
地図を見るととんでもない山の中ですが、登山者が多いと山小屋もきっちり整備されているんですね。

ナイス

No title * by 風来梨
鳳山さん、こんばんは。

ロープウェイで標高2600mまで上がれて、百名山に名を連ねる木曽駒ヶ岳から、もう一つの百名山の空木岳の間は登山者も多く、食事提供アリの小屋がちょうどいい間隔であります。

でも、それを外れると、私の泊まった摺鉢窪小屋のようにトイレナシ(後に設置)、水場ナシで水の持ち込み要、電気なんかモチロンナシの無人小屋ですね。

でも、不便な小屋なれど、山の雰囲気は満点です。 それに無料だし。

第345回  宝剣岳岩稜

第345回  宝剣岳岩稜

『日本百景』 晩夏  第345回  宝剣岳岩稜  〔長野県〕宝剣岳岩稜と中央アルプス主稜線   中央アルプス ちゅうおうアルプス (中央アルプス県立自然公園)中央アルプスは南北アルプスの間に連なる“木曽山脈”の総称で、高さも南北アルプスのそれにひけをとらない。 最高峰は木曽駒ヶ岳 2956メートル で、そのすぐ横に剣先の如く鋭く尖った頂を魅せる宝剣岳 2931メートル が並ぶ。 また、この中央アルプスの山々は...

... 続きを読む

No title * by ギャメロン
おはようございます

いつも素敵な山の写真を見せて頂きありがとうございます
最近は登山する事もないので身体もなまりぎみで(^^;
上級は登れないのでこうして眺めては登った気になっています

ナイス!

No title * by 風来梨
ギャメロンさん、こんばんは。

私も『奇跡の体力』を失って久しく、筋肉と信じていたのがメタボだと判明した事もあってヘタレにヘタレて、下山なんか人の倍の時間がかかっちゃいますが、いつも『オチャメ』覚悟でムリヤリ山に行ってます。 それで。大概は中なり小なり(さすがに“大なり”はないですが・・)『オチャメ』ります。

いつも山の記事を書いていて、「どうしたらこんなに変わるんだ」という程に思いますよ。 そして、あの頃の自分が凄く感じますね。

第344回  鳳凰三山

第344回  鳳凰三山

『日本百景』 晩夏  第344回  鳳凰三山  〔山梨県〕北岳・八本歯ノコルより望む鳳凰三山  甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山 かいこまがたけ・ほうおうさんざん (南アルプス国立公園)南アルプスを語る上で忘れてはならないのが、甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山であろう。 南アルプスの山は緑豊かで花多き峰は多いものの、荒々しい稜線美や岩のオブジェを魅せる山はこの山域をおいて他にない。また甲斐駒ヶ岳 2967メートル は、その姿が...

... 続きを読む

No title * by たけし
早川尾根小屋、休業中ですか。
北に比べ、南は小屋の規模、設備がイマイチでしょうか。
風来梨さんにとっては関係のないことでしょうね!

鳳凰三山縦走を企て、ある日突然思い立って夜叉神峠まで行き、偵察したのですが結局計画倒れ。日にちの調整が上手くいかず心残りがあります。
風来梨さんの山行報告はガイドブックにはないリアルさで、いつも楽しく拝見しています♪~♪

No title * by 風来梨
たけしさん、こんにちは。

南アもメインの山域は立派な小屋になってきていますが、メインの山域を外れると、素泊まりのみの素朴な小屋がありますね。
でも、素朴な小屋の小屋番さんは山に通じた方が多く、テント場や水場は手作りで使いやすいように改良されたりしてますね。

そして、小屋番さん達との山談義も充実しますね。
だから、またテントを担いで訪れたい・・と思うのですよね。

でも、時代は変わりましたよ。 南アの有名な小屋話の一つですが、昔・・、昔といってもほんの25年前は、「飯は米を持ってこい!」、「寝袋も持ってこない奴は山に来るな!」と小屋番がドヤしつけていた聖平山荘も、今は2食の食事提供のある北アの山荘と変わらぬサービスとなってますから・・。

でも、私は(コスイから)2食付きの山荘より、素晴らしい山情景をひとり占めできる土間のみの無人小屋の方が好きですね。

第343回  甲斐駒ヶ岳

第343回  甲斐駒ヶ岳

『日本百景』 晩夏  第343回  甲斐駒ヶ岳  〔山梨県・長野県〕アサヨ峰より望む勇峰・甲斐駒ヶ岳  甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山 かいこまがたけ・ほうおうさんざん (南アルプス国立公園)南アルプスを語る上で忘れてはならないのが、甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山であろう。 南アルプスの山は緑豊かで花多き峰は多いものの、荒々しい稜線美や岩のオブジェを魅せる山はこの山域をおいて他にない。また甲斐駒ヶ岳 2967メートル は、...

... 続きを読む

第304回  伊勢・参宮めぐり

第304回  伊勢・参宮めぐり

『日本百景』 晩夏  第304回  伊勢・参宮めぐり  〔三重県〕伊勢神宮内宮へ渡す宇治橋関西圏に居住の方なら、前夜発の1泊2日(もちろん、車中泊)で手軽に楽しめる景勝地が伊勢志摩であろう。 だが、伊勢以外に『志摩』まで加えてしまうと、到底前夜発の1泊2日では抑えきれないボリュームとなるので、ここは敢えて『伊勢』だけに留める事にしたのである。それでは、『伊勢めぐり』をしてみよう。 伊勢の風景といえば、ひと...

... 続きを読む

第303回  芦別岳

第303回  芦別岳

『日本百景』 晩夏  第303回  芦別岳  〔北海道〕”北の谷川岳”の呼び名を持つ険しき岩峰・芦別岳   芦別岳 あしべつたけ (富良野芦別道立自然公園)夕張山地は、富良野盆地の西にそびえ立つ非火山性の構造山塊である。 この山地で景観に優れているのは、最高峰の芦別岳 1727メートル 夕張岳 1668メートル の両主峰であろう。 芦別岳は切り立った岩稜を備え、バリエーションコースが多く、ロッククライ...

... 続きを読む

第302回  大無間山

第302回  大無間山

『日本百景』 晩夏  第302回  大無間山  〔静岡県〕昔は『奇跡の体力』を持っていた今は体力的に無理な山大無間山   大無間山 だいむげんやま南アルプス最奥の秘峰・大無間山。 その名称が魅惑的な響きの山・大無間山・・。 山名が示すが如く“無間”の情景を想像させる知られざる山。 それが、この奥深き山・大無間山である。 その秘めたる魅力のベールをめぐるには、猛烈な登高と水の無補給登山を強いられるのであ...

... 続きを読む