風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 『日本百景』 夏

第443回  槍・西鎌尾根 その1 (新穂高~双六)

第443回  槍・西鎌尾根 その1 (新穂高~双六)

『日本百景』 夏 第443回  槍・西鎌尾根 その1 (新穂高~双六) 〔岐阜県・長野県〕槍~穂高の完全踏破を目論んで  槍・穂高連峰 やり・ほたかれんぽう (中部山岳国立公園)北アルプスのハイライトとして登りたい山。 また、眺めても美しい姿の山として圧倒的に人気があるのが、この槍・穂高連峰である。 標高が日本第3位の奥穂高岳 3190メートル や、極めて山容秀麗な槍ヶ岳 3180メートル がそびえ立つ北アルプ...

... 続きを読む

第442回  カムイミンタラ 1-1 (黒岳・北海岳・白雲岳)

第442回  カムイミンタラ 1-1 (黒岳・北海岳・白雲岳)

『日本百景』 夏 第442回  カムイミンタラ 1-1 (黒岳・北海岳・白雲岳)〔北海道〕広大な御鉢平と北鎮岳の白鳥・千鳥の雪形  カムイミンタラ かむいみんたら (大雪山国立公園)カムイミンタラは、アイヌ語で"カムイ・ミンタラ=神・庭"の意を持つ地で、アイヌの人々の間ではヒグマは神の化身と考えられており、カムイミンタラはヒグマの生息地の事を示す。 そして、多くのヒグマたちが暮らす大雪山には、に神々の遊ぶ...

... 続きを読む

No Subject * by 根室大喜
山は温泉に浸かるときだけ車で行きます^^)v

Re: No Subject * by  風来梨
根室大喜さん、こんばんは。

山の温泉も、いろいろありますからね。

一番キツいのは、どんなに足掻いても、温泉に入るまで1泊2日かかる北アルプスの高天原(たかまがはら)温泉ですね。 若い頃にいった事あります。

高天原温泉の『よもヤマ話』です。
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1782.html

第441回  大日三山 その3 (朝景と花)

第441回  大日三山 その3 (朝景と花)

『日本百景』 夏  第441回  大日三山 その3 (朝景と花) 〔富山県〕奥大日岳頂上の雪渓越しに望む剱の雄姿に呆然と立ち尽くした  大日三山 だいにちさんざん (中部山岳国立公園)北アルプスの山で最も魅力的な岩の“殿堂”・剱岳。 この剱岳の絶好の展望台が、傍らに鎮座するこの大日三山である。 山の雑誌でよく見る剱岳の写真も、この大日三山の稜線から撮られたものが多い。 お薦めはは山が染まる夕暮れ時。 岩...

... 続きを読む

第440回  大日三山 その2 (夜明け)

第440回  大日三山 その2 (夜明け)

『日本百景』 夏  第440回  大日三山 その2 (夜明け) 〔富山県〕夜明けの光を浴びる大日三山  大日三山 だいにちさんざん (中部山岳国立公園)北アルプスの山で最も魅力的な岩の“殿堂”・剱岳。 この剱岳の絶好の展望台が、傍らに鎮座するこの大日三山である。 山の雑誌でよく見る剱岳の写真も、この大日三山の稜線から撮られたものが多い。 お薦めはは山が染まる夕暮れ時。 岩の殿堂が雲海と伴に輝くのだ。 また...

... 続きを読む

第439回  大日三山 その1 (夕景)

第439回  大日三山 その1 (夕景)

『日本百景』 夏  第439回  大日三山 その1 (夕景) 〔富山県〕立山・地獄谷越しに望む大日三山:奥大日岳がひときわ高い  大日三山 だいにちさんざん (中部山岳国立公園)北アルプスの山で最も魅力的な岩の“殿堂”・剱岳。 この剱岳の絶好の展望台が、傍らに鎮座するこの大日三山である。 山の雑誌でよく見る剱岳の写真も、この大日三山の稜線から撮られたものが多い。 お薦めはは山が染まる夕暮れ時。 岩の殿堂が...

... 続きを読む

第438回  四万十・沈下橋

第438回  四万十・沈下橋

『日本百景』 夏  第438回  四万十・沈下橋 〔高知県・愛媛県〕生活の知恵ともいえる文化遺産の沈下橋  四万十・沈下橋 しまんと・ちんかばし沈下橋とは堤外地に設けられる橋で、洪水時には橋面が水面下に沈んで洪水による橋の流失を防ぐ目的を持つ橋である。 この構造を有する橋の正式名称は『潜水橋』であるが、地域により『沈み橋』・『潜り橋』などと呼称される。沈下橋の特徴として、橋の上に欄干がないか、あって...

... 続きを読む

第437回  棚下不動ノ滝

第437回  棚下不動ノ滝

『日本百景』 夏  第437回  棚下不動ノ滝 〔群馬県〕不動明王の化身として崇められる滝へ  棚下不動滝 たなしたふどうたき  落差 雄滝 37m、雌滝 40m  群馬県・渋川市棚下不動滝は、雄滝と雌滝の2滝からなる。 雄滝はいわゆる裏見の滝で、滝裏の通行が可能。大きく抉られた崖下には不動院奥院があり、不動明王が祀られている。 この雄滝単独を指して「棚下不動滝」と呼ぶ事も多い。 雌滝は雄滝の北に位置する...

... 続きを読む

第436回  雨竜沼湿原

第436回  雨竜沼湿原

『日本百景』 夏  第436回  雨竜沼湿原 〔北海道〕池塘と草原と穏やかな山が広がる楽園風景を魅せる雨竜沼湿原   雨竜沼湿原 うりゅうぬましつげん (暑寒別天売焼尻国定公園)『北海道の尾瀬』と呼ばれる雨竜沼湿原は、6月から9月にかけて色々な花が咲き競い壮観だ。雪解けと共に花開くミズバショウに始まって、イワイチョウ・シナノキンバイ、7月にはエゾカンゾウが大地を淡いオレンジ色に染め上げる。北の短い夏をエ...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
雨竜沼湿原って、どこかに龍が潜んでいそうな名前ですね。このブログのおかげで全国いろんな地名を知ることができ勉強になります。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。

雨竜沼湿原の名前の由来は、石狩川に合流する雨竜川からなのですが、その根源は「たぶん、アイヌ語から派生したものだろうが、よく解らない」というオチだそうです。

この川の支流のペンケペタン川の形成した湿原が、雨竜沼湿原です。 ここは「北海道の尾瀬」といわれるほどの大規模な高層湿原です。 北の短い夏には、エゾカンゾウ(本州や四国・九州ではニッコウキスゲと呼ばれます)のオレンジ色の花で湿原がオレンジ色に染まります。

第435回  高妻山

第435回  高妻山

『日本百景』 夏  第435回  高妻山 〔長野県〕スラリとした鋭角の三角錐を魅せる高妻山に標高以上の高さを感じて  戸隠連峰 とがくしれんぽう (上信越高原国立公園)鬼女伝説の里・鬼無里 きなさ の村里より、鬼女の鎌が如く鋭く尖った岩峰群を連ねた連峰を望む事ができるだろう。 この峰々の連なりが、我が【名峰百選】に選した『戸隠連峰』である。 この山なみを眺めるなら、やはり厳冬期だ。 鋭い峰々に雪がま...

... 続きを読む

No Subject * by 鳳山
鬼女伝説の里・鬼無里、ロマンあふれる話ですよね。戸隠山って確か忍者の里じゃなかったですか?間違ってたらごめんなさい。

三角錐の高妻山、凄いですね。

Re: No Subject * by  風来梨
鳳山さん、こんばんは。


戸隠忍者を調べてみると、そのまま「戸隠流」忍術と呼ばれていたようです。 木曽義仲の懐刀としてひそかに生まれた忍術流派との事で、その後は伊賀忍術に近づいていったようです。 また、マンガの『ナルト』のモデルだそうです。

高妻山の三角錐も、忍術訓練の為に用立てたのかなぁ。

第434回  戸隠山

第434回  戸隠山

『日本百景』 夏  第434回  戸隠山 〔長野県〕蟻ノ戸渡リコリは一般道では反則でしょう:でも戸隠・西岳側にはコレよりエグイのがあります  戸隠連峰 とがくしれんぽう (上信越高原国立公園)鬼女伝説の里・鬼無里 きなさ の村里より、鬼女の鎌が如く鋭く尖った岩峰群を連ねた連峰を望む事ができるだろう。 この峰々の連なりが、我が【名峰百選】に選した『戸隠連峰』である。 この山なみを眺めるなら、やはり厳冬...

... 続きを読む