風来梨のブログ

このブログは、筆者であるワテの『オチャメ』な日本全国各地への探勝・訪問・体験記です。

TOP > 『日本百景』

第523回  高根ヶ原

第523回  高根ヶ原

『日本百景』 夏  第523回  高根ヶ原 〔北海道〕神秘の絶景を魅せる大平原それが高根ヶ原(カムイミンタラ)だ  高根ヶ原 たかねがはら (大雪山国立公園)表大雪の南端である白雲岳 2230m を越えると、大雪縦走路は次のピークである忠別岳 1963m まで7kmに渡る大平原となる。 この標高1700m辺りに広がる大平原は山脈の中とは思えないほどの広大さを魅せる。 この広大な大平原は本州の3000m級の山と同等の寒冷...

... 続きを読む

第522回  表大雪

第522回  表大雪

『日本百景』 夏  第522回  表大雪 〔北海道〕チングルマを前景に『白鳥・千鳥』の雪渓を魅せる北鎮岳を望む  表大雪 おもてたいせつ (大雪山国立公園)北海道中央に位置する2,000m級の峰々を中心に構成される山域で、一つの山ではない事を明確にする為に、よく『大雪山系』という呼称が使われる。 旭岳などを含む峰々(表大雪)と、その周囲の北大雪・東大雪・十勝岳連峰を包含する大雪山国立公園は、面積23万haという...

... 続きを読む

第521回  九重・三俣山

第521回  九重・三俣山

『日本百景』 夏  第521回  九重・三俣山 〔大分県〕三俣山に向かってピンクの絨毯が敷き詰められて※ 平治岳より望む三俣山  三俣山 みまたやま (阿蘇くじゅう国立公園)大分県竹田市と玖珠郡九重町の境界に位置する峰であり、九重連山を形成する火山である。 なお、標高は主峰である本峰で1745mとなっている。 九重連山の代表的な登山口である長者原(ちょうじゃばる)から見て、正面(南東側)に位置する峰で、ど...

... 続きを読む

第520回  九重山

第520回  九重山

『日本百景』 夏  第520回  九重山 〔大分県〕九重中岳・久住山と九重の盟主揃い踏み   九重山 くじゅうざん (阿蘇くじゅう国立公園)大分県玖珠郡九重町と竹田市久住町の境界に位置する山々の総称で、個々の峰を示すものではない。最高峰は九州本土最高峰でもある中岳 (標高1,791m)である。 一般的には、火山群や周辺地域全体を指す時はくじゅう連山(九重連山)、その主峰となっている一つの峰を指す場合には、呼称...

... 続きを読む

第519回  乗鞍岳

第519回  乗鞍岳

『日本百景』 夏  第519回  乗鞍岳 〔岐阜県・長野県〕乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰と次鋒・大日岳の揃い踏み  乗鞍岳 のりくらたけ (中部山岳国立公園)飛騨山脈南部の長野県松本市と岐阜県高山市に跨る山群で、剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする峰々の総称である。 山頂部の権現池火口の外輪山に位置する最高峰の剣ヶ峰や朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳・富士見岳など23の峰があり、高山市奥飛騨温泉郷や旧丹生川村・旧朝...

... 続きを読む

第518回  須佐ホルンフェルス

第518回  須佐ホルンフェルス

『日本百景』 春  第518回  須佐ホルンフェルス 〔山口県〕白と黒の美しい縞模様の岩層を魅せ須佐フォルンフェルスの代名詞となっている『帯岩』  須佐ホルンフェルス すさほるんふぇるす (北長門海岸国定公園)須佐ホルンフェルス は、山口県萩市須佐高山にある変成岩地形である。 日本の地質百選の一つで、須佐湾の北側にそびえる高山(標高532.8m)とその山麓一帯にかけて、高山斑れい岩等が長径3kmの岩株状岩体とし...

... 続きを読む

第517回  瓶ヶ森

第517回  瓶ヶ森

『日本百景』 春  第517回  瓶ヶ森 〔愛媛県〕石鎚山・二ノ鎖のテント場より瓶ヶ森を望む※ 現在は二ノ鎖のテント場は整備されて存在しない  瓶ヶ森 かめがもり (石鎚国定公園)四国山地西部にあり、石鎚山脈に属する標高1,897m山である。 四国百名山の一つにも数えられ、我が〔名峰次選〕にも選ばれし峰である。 愛媛県第三の高峰で、四国でも二ノ森 (1,929m) に次いで5位、西日本でも八経ヶ岳に次いで7位に名を連ねる...

... 続きを読む

第516回  祖母・傾山 その2(三ッ坊主越え)

第516回  祖母・傾山 その2(三ッ坊主越え)

『日本百景』 春  第516回  祖母・傾山 その2(三ッ坊主越え)〔大分県・宮崎県〕二つの岩峰を突き出す独特な様相を魅せる傾山   傾山 かたむきやま (祖母傾国定公園)大分県と宮崎県の県境に跨る祖母傾山系の山で、山頂は大分県豊後大野市に位置する。 標高1,605m(以前は1602mだった)で祖母傾国定公園に指定されており、我が〔名峰次選〕に名を連ねる山でもある。 山頂は3つの岩峰からなり、南から後傾・本傾・前傾...

... 続きを読む

第515回  祖母・傾山 その1(祖母・傾山縦走路)

第515回  祖母・傾山 その1(祖母・傾山縦走路)

『日本百景』 春  第515回  祖母・傾山 その1(祖母・傾山縦走路)〔大分県・宮崎県〕縦走路より見上げる盟主・祖母山  祖母山 そぼさん (祖母傾国定公園)大分県と宮崎県の県境にある標高1,756mの山で、祖母傾山系の盟主であり、九州山地の中核をなす。宮崎県の最高峰となっている。 頂上は大分・宮崎県の県境となっていて、山頂部は大分県豊後大野市と竹田市及び、宮崎県西臼杵郡高千穂町の境にあり、山腹は熊本県・大...

... 続きを読む

第514回  智東の滝

第514回  智東の滝

『日本百景』 春  第514回  智東の滝 〔北海道〕雪解け水をイッキに叩き落とす  比翼ノ滝 ひよくのたき  落差 7m 北海道・名寄市名寄市・智東にある、ピアシリ山を水源として天塩川に注ぐ吉野川にある滝。吉野川の流れを全て叩き落とす豪快な滝である。比翼ノ滝より勢いはないもののこれはこれでなかなか・・  晨光ノ滝 しんこうのたき  落差 5m 北海道・名寄市比翼ノ滝の更に1km程上流にかかる滝。 この滝...

... 続きを読む

No Subject * by hanagon60
雪どけ時期の滝には感銘を受けますね。
しかし年何名の人がこの滝を見に行くのだろうか?とも思います。
関係ないけど『北海道690駅』の本、私も持ってます。P179に掲載されていますね(笑)

Re: No Subject * by  風来梨
hanagonさん、こんばんは。

ホント大迫力で、この滝の虜になって2年続けて訪れましたよ。 たぶん「年何名」どころが、「今まで何名の内地の人がこの滝を見たのだろうか?」のレベルかもしれませんね。 地元に住む人以外はよほどの滝好きでないと、落差10m未満の滝には食指を伸ばさないでしょうし・・ね。

それと、『北海道690駅』お持ちでしたか。 鉄道が全盛期だった頃の駅の配線図が絶妙ですね。 それに駅の利用者数も、10~100倍以上で無限大アリですし・・ね(苦笑)。 白糠線や興浜線の駅も乗ってますし・・ね、